地元編集者のとっておき情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

雪の金沢

2017年1月17日(火) | テーマ/金沢の雑学

いつくるか、いつくるか、と覚悟を決めつつ待ち構えていた本格的な雪が、ついに金沢の街を白く染め上げました。 平野部でも30センチ――といった予報もあって憂鬱な週末を過ごした人も多かったはず。 しかし、結果だけを見ればそれほどの積雪もなく、まずはホッと胸をなでおろした今週の始まりでした。

一般的に、12月の初旬に初雪を観測し、1月から2月にかけて降雪が集中するのが、金沢の冬の傾向。 年間降雪日数は平均して60日弱ほどで、北海道や東北地方に比べると金沢の雪は雪密度や含水率が高く、湿った重い雪質であるという特徴がある。 また一日を通しての寒暖の差が激しく、日中に融けて、夜間に凍結――これをくり返すこともしばしば。 そうなると車はスリップしやすくなり、歩行者は転倒に注意が必要となる。 というわけで足場が悪くなる今後、観光でこちらにおいでになるなら、履物は防水がしっかりしていて滑りにくいものをおすすめします。

雪はかように厄介なものではあるけれど、それでも雪の白をまとった金沢は、それはそれで格別の美しさだ(写真の金沢城公園、きれいでしょ)。 さらに、この寒さが金沢の味をまた引き締めてもくれる。 冬、金沢はさらにおいしくなるので、それもまた大いに楽しんでください。

(写真提供=金沢市)

若林

by 若林

2人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

バックナンバー



ページの最上部へ