弁当忘れても傘忘れるな(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

弁当忘れても傘忘れるな

2014年6月5日(木) | テーマ/北陸のイベント

金沢日日情報から、イベント情報やキャンペーンの情報を1つピックアップします。

今回は、ちょうど2つの同じような企画展示があったので「和傘」について。
■石川県立伝統産業工芸館 「金沢・岐阜 ふたりのワガサシスト」展
http://kanazawabiyori.com/event/event_8783.html

■徳田秋聲記念館 「第2回 金沢和傘 展示実演会」
http://kanazawabiyori.com/event/event_9733.html

「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるほど天候が変わりやすい金沢。
一般的には洋傘が主流ですが、金沢には今も「和傘」を作る職人がいます。
というものの、市内で専業の和傘職人は松田弘さん(89才)お一人。

2009年に「金沢和傘伝承研究会」が発足し、松田さんの指導を受けたり和傘産地の本場の岐阜へ出向いたりなど有志が技術を受け継げるように頑張っています。
金沢の『和傘』を忘れるな。

※写真は石川県立伝統産業工芸館提供。

  • LINEで送る
西中

by 西中

15人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ