渡るべきか、戻るべきか(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

渡るべきか、戻るべきか

2014年6月19日(木) | テーマ/金沢の雑学

「思案橋」というのは全国のいろんなところにあるようです。
『思案橋ブルース』なんて歌謡曲がありましたが、あれは長崎の思案橋。
「思案」というくらいだから、橋の手前で何事かの判断・決断に迫られるわけですが、そのほとんどは(あるいはすべてが)遊郭に向けて足を踏み出すべきか、それともおとなしく家路につくか――その二者択一が、この橋の名前の由来のようです。
写真にある思案橋は、金沢市の幸町、菊川2丁目、本多町1丁目と2丁目、これら4町がちょうど交わるところにあって、下を勘太郎川が流れています。
かつては本多家下屋敷内から外に向けて架かっていたらしく、本多家の人たちがはたして「にしの廓(にし茶屋街)に行くべきか、行かざるべきか」と思案に暮れたのかどうか……。写真の少年(学校帰り)はいっときの逡巡もなく、一気に橋を渡り切りました。
全国の「思案橋」情報をお持ちの方、ぜひ、こちらまでお寄せください。

  • LINEで送る
若林

by 若林

15人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ