7月1日に食べるもの(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

7月1日に食べるもの

2014年6月26日(木) | テーマ/金沢の雑学

この季節、金沢の街のあちこちで見かけるのが「氷室まんじゅう」の文字。

「氷室(ひむろ)」というのは、冬に雪を詰めて夏まで雪氷を保存しておくための小屋です。
江戸時代、加賀藩は夏に氷室から雪氷を切り出し、飛脚を走らせ、旧暦6月1日(現在の7月1日)江戸の将軍家へ雪氷を献上したのだとか。
その際、道中の無事を祈って神社に氷室まんじゅうを供えたことが、この風習の由来だと言われています。

現代では、金沢の奥座敷・湯涌温泉の玉泉湖畔に氷室小屋が建てられており、毎年1月最終日曜に「氷室の仕込み」が行われ、毎年6月最終日曜に雪氷を切り出す「氷室開き」が開催されます。
ちなみに「氷室の仕込み」には一般参加が可能です!

「氷室まんじゅう」は「酒まんじゅう」を作るお店がほとんどで、当然のことながらお店によって皮の厚みや食感、酒粕の風味の強さ、あんこの味わいが異なります。
私は、酒粕の風味が濃厚なタイプが大好物です。
この季節、金沢にいらっしゃったら、ぜひ色々なお店の氷室まんじゅうを食べ比べてみてくださいね。

※写真は、明治21年(1888年)創業の老舗『越山甘清堂』さんの「氷室饅頭」です。

  • LINEで送る
橋本

by 橋本

25人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ