金沢の方言(金沢弁)シリーズ/ つるつるいっぱい(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

つるつるいっぱい

2014年7月29日(火) | テーマ/金沢の方言

石川県の方言で「つるつるいっぱい」という言葉があります。
何のことか分かりますか?
パッと文字だけ見ると「つるつる頭がいっぱい?!」
なんて風に感じる方がいらっしゃるかもしれません。

実は「表面張力が働いているくらいコップに水がいっぱいになっている状態」の事を
金沢では「つるつるいっぱい」というんです。

由来としては、コップの水が表面張力で「いっぱい」になっている状態を
「つるつる」という擬態語と組み合わせた形なのではないかといわれています。
標準語だとこの状態を一言で表せる言葉が見つけにくいのですが
一番ニュアンスが近いのは「なみなみに」かもしれませんね。

言葉の使い方は

「コップにお茶をつるつるいっぱいちょうだい!」

という感じになります。

この「つるつるいっぱい」という言葉、響きがなんとも可愛いですよね。
ちなみに、石川県以外だと、福井県の嶺北地方でも「つるつるいっぱい」が使われているそうです。

  • LINEで送る
木田

by 木田

15人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ