木虫籠(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

木虫籠

2014年8月21日(木) | テーマ/金沢の雑学

木虫籠と書いて「キムスコ」または「キムシコ」と読みます。金沢の町家の特徴である格子の割付が細かい出格子を指す言葉で、インドのベンガル地方の赤色顔料を用いたことから「弁柄(紅殻)格子」とも呼ばれます。
正式な木虫籠は、一間幅(1.8m)に70本以上の竪子(縦型の組子)が入り、その断面は等脚台形をなしていて、表(外)側の見付が広くなるように(つまり表側に底辺の長い面を)配置します。そうすることで家の内側から外はよく見えるのに、外から内が見えづらくなるのです。見た目の美しさだけでなく、プライヴァシーを守るなど機能面でも優れているわけです。
金沢が誇る茶屋街のシンボルともいえるこの木虫籠ですが、実は、正式なものはもう数えるほどしか残っていません。茶屋街観光の際は、この正式な木虫籠を探してみてください。

  • LINEで送る
若林

by 若林

19人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ