クロユリ(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

クロユリ

2014年9月2日(火) | テーマ/金沢の雑学

前回、石川県の県鳥である「イヌワシ」の話題をさせていただきました。

今回は、花の話題。
石川県の郷土の花は、1954年(昭和29年)に選ばれた「クロユリ」。

県内では、白山室堂周辺などに群生し、夏に見ることができる少し臭いの強い花で、
白山が、日本のクロユリの分布の西限にもなっています。
英名では、「Chocolate Lily」。花言葉は「恋」「呪い」。
可愛いような怖いような2つの顔を持った花ですね。
石川県庁のホームページにも、「アイヌの恋の花物語」という恋が成就するものと、「呪いの花の伝説」という人を不仲にして滅ぼすものの2つが伝説として紹介されています。

金沢で「クロユリ」といえば、金沢駅にある金沢おでんのお店や金沢出身の作家である「泉鏡花」が書いた小説が有名であり、サッカークラブ『ツエーゲン金沢』のエンブレムのモチーフになっています。
さらに、沖縄県には石川県の戦没者慰霊塔として「黒百合の塔」が建立されています。

  • LINEで送る
岡田

by 岡田

17人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ