金沢の方言(金沢弁)シリーズ/ 1題目・2題目(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

1題目・2題目

2014年9月9日(火) | テーマ/金沢の方言

変わった方言やおもしろ方言などをいくつかこちらで
ご紹介させていただきましたが
物を数えるときの助数詞にも方言があるってご存知ですか。

例えば、歌詞を数える際、石川県と富山県では
「1題目」「2題目」と言います。
恐らく地元の方は何の違和感なく聞こえるでしょうが
こちらも立派な方言で、他県民の方が聞くとほぼ通じません。

言葉の由来としては、加賀藩の時代、能の宝生流が
盛んな土地だったと言うこともあり、そこで使われる
「題目(だいもく)」という言い方が由来しているという説もあるそうです。

ちなみにこの歌詞の数え方ですが、
「1番」「2番」という言い方が一般的に使われているそうですよ。

  • LINEで送る
木田

by 木田

17人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ