シガーを嗜む(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

シガーを嗜む

2014年9月25日(木) | テーマ/エトセトラ

ひょんなことからシガーバーのマスターと知り合いになり、すっかり魅せられてしまった「シガー」(葉巻たばこ)の世界。これがまた、知れば知るほど面白く、興味が尽きることはありません。

何よりいいなぁと感じるのは、シガーは「時間を作って」嗜むものであるということ。一度火をつけると、通常のもので約1時間、短いものでも約30分、いわば、そのシガーと向き合うだけの時間を持たねばなりません。気忙しい現代人にとって、この「時間を作る」ということが、どれだけ贅沢で難しいことか! ただ、そんなことを思うとき、いかに自分が時間に追われながら日々を過ごしているかに気づかされるのです。

シガーを楽しむということは、ゆとりのある時間を愛しむということ。お酒に合わせても、コーヒーに合わせても、チョコレートやチーズに合わせてもOK。音楽が好きなら音楽を聴きながら、映画が好きなら映画を観ながら。あるいは、物思いに耽りながら、なんて最高。「シガレット(紙巻たばこ)はリラックスするために吸い、シガー(葉巻たばこ)はリラックスしてから吸う」という言葉もあるそうで、たった1本のシガーが、満ち足りた時間を作りだし、大袈裟にいうなら、そうした時間が人生そのものを楽しむことにつながっていくのです。

こんな素敵なお話を聞かせてくれたのは、尾山町の路地裏にひっそり佇むバー「Bottom Ress」のマスター・浦和明さん。金沢では珍しく「シガー」にこだわり、世界各国のシガーを豊富に品揃え。気軽なもの(シガリロと呼ぶそう)なら1本100円から、職人さんが丁寧に手巻きするプレミアムシガーでも1本1,200円から楽しませてくれます。

ちょっとわかりにくい場所、かつ、薄暗くやや入りにくい雰囲気も漂っていますが(笑)、シガーの奥深い世界に足を踏み入れたい方は、ぜひぜひ訪れてみてください。

白い文字で「蟒」(この漢字の読み方と由来はマスターに!)と書かれたドアが目印です。

Bottom Ress 金沢市尾山町5-5 尾山ビル1F  076-222-4530 営/18:00~MIDNIGHT  休/不定休

  • LINEで送る
愛山

by 愛山

31人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ