故郷の味「柿の葉寿司」(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

故郷の味「柿の葉寿司」

2014年10月9日(木) | テーマ/エトセトラ

9月、10月、石川県内のそれぞれの町で秋祭りが開催されます。
加賀地方にある私の郷里でも、白山神社から出発した青年団の獅子舞や子供神輿が土・日に町内を一軒ずつ巡ります。
幼少の頃から、お祭りの日は必ず「柿の葉寿司」を食べました。

前夜に庭の柿の木から葉を取り、軸を切り、洗って拭きます。
当日、朝食を片付け終わると、食卓にはずらりと柿の葉が並び、柿の葉寿司作りが始まるのです。

締めサバやマスを並べる係、桜えびを乗せる係、青い糸状の紺のりを乗せる係といった母と姉妹の分担作業。
我が家は酢飯の下に魚を入れるので、締めサバの寿司には紅ショウガを、マスの寿司には桜えびといった具合にトッピングを分けて目印にしていました。

この郷土料理「柿の葉寿司」は、前田利家公が金沢城へ入る際、領民が献上したことでも知られています。
加賀市山代温泉にある『宮泉(きゅうせん)』さんは、石川県加賀市産のこしひかりを使い、一枚一枚手作業で無添加の柿の葉寿司を作っているお店。
石川県民の生活に根付き慶事には欠かせない故郷の味を、いつまでも守り伝えても欲しい一軒です。

柿の葉寿司本舗 宮泉
http://kyusen-kakinoha.com/about

  • LINEで送る
橋本

by 橋本

11人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ