とおりゃんせ(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

とおりゃんせ

2014年10月30日(木) | テーマ/金沢の雑学

金沢は幸いにも大きな戦火を逃れたため、藩政期からの街並みが残っていることはよく知られています。
それゆえに、街ナカを歩いていると、繁華街の真ん中に土蔵があったり、地蔵尊の祠があったり、色々な発見が。
中でも抜群のかくれんぼ具合なのが、片町『小橋菅原神社』です。
入口も出口もビルのトンネルを潜り抜けないと行き来できない立地。
ビルの外からは手水舎も本殿も見えないため、しめ縄(入口)や鳥居(出口)が目印です。

美しい朱塗りが印象的な同社は、「菅原」で分かる通り「天満大自在天」を祀っており、入口のビルトンネルには「天神様の細道」よろしく「とおりゃんせ通り」と看板がかかっています。
同社は他にも日本古来の神様おいなりさん「稲荷大明神」と神仏習合の神「金毘羅大権現」もお祀りしており、合格祈願・金運向上・商売繁盛にご利益があるとされています。

注目して欲しいのが、本殿向かって右側にいる臥牛像。天満宮に欠かせない「臥せた牛」。
同社の臥牛の額には、加賀藩の剣梅鉢御紋が刻まれています。天満宮の梅鉢紋ではなく「剣梅鉢」の紋です。
頭がよくなるよう、身体の不調が治るよう牛をなでる際、チェックしてみてくださいね。

ちなみに、江戸時代からあった同社は、香林坊大通りにあった『大和』本社が1972年に商業施設『ラブロ片町』になる際、現在地へ移されたのだとか。その『ラブロ片町』は今年3月に閉店し、2016年の新しい商業施設オープンに向けて取り壊されました。
変わっていくもの、変わらないもの。それらを包括して、これからの金沢の街をどう創るのか。それが、ここに住む私たちの課題です。

  • LINEで送る
橋本

by 橋本

14人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ