能登のワイナリー(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

能登のワイナリー

2014年11月20日(木) | テーマ/ニュース

11月の第3木曜といえば、ボージョレ・ヌーボーの解禁日。本日ですね。
そこで、今日はワインの話題。
米どころ金沢(石川県)でお酒と言えば、断然、日本酒のイメージですが、これからは能登のワインにも注目していただきたいっ!

2012年、輪島市門前町に、ぶどうの生産から醸造・ワイン販売までを一貫して行う『ハイディワイナリー』が設立されました。
オーナーの髙作正樹さんは、新潟の有名な複合型ワイナリー『カーブドッチ』で修業し、フランス・ブルゴーニュでも醸造の技術を習得した人物とあって、設立当初から注目が集まっていました。
少しずつ少しずつ、丁寧に丁寧に、スタッフさんが丹精したワイン用のぶどう畑は現在2.7haまでに拡大。
今年の春には山梨県産と兵庫県産のぶどうを醸造したワインや、そのワインから作るコンフィチュールの販売をワイナリー内のショップで開始しました。
そして、まもなく12月1日からは、山梨県の契約農家から調達したぶどうで醸造した白ワイン(甲州種)と赤ワイン(マスカットベリーA)を食品スーパー『どんたく』全店舗にて販売することが決定したそうです。

さらに、2012年から育てられた白ブドウ「ソーヴィニヨン・ブラン」が今年初収穫されました。
この土地の土と水と風と人々の熱意・温もりに育てられた待望の、正真正銘の輪島ワインは2015年4月に販売予定。
今から待ち遠しい限りです。

ハイディワイナリー
輪島市門前町千代31-21
0768-42-2622
営/11:00~18:00
http://heidee-winery.jp/

  • LINEで送る
橋本

by 橋本

5人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ