地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

雪と雷

2014年12月4日(木) | テーマ/金沢の雑学

先日(12/2更新)の同コーナーのコラムで「鰤起こし」(雪の到来を告げる雷)について触れられていましたが、その直後、早速、金沢は初雪を観測。暗く鉛色に染まった空が、市民の心の内をもちょっぴり暗く染めたのでした。

例年、12月初旬に初雪が降り、1月から2月にかけて降雪が集中するのが、金沢の冬の傾向です。年間の降雪日数は平均して60日弱で、雪質は北海道や東北地方に比べて雪密度や含水率が高く、湿っていて重いという特徴をもっています。また1日の寒暖の差が激しく、日中に融解、夜間に凍結をくり返し、これが車のスリップや歩行者の転倒事故を誘発しています。とても厄介です。

雪によってわたしたちの暮らしは多くの制限を被ることになるのですが、5、6年ほど前から「克雪」ではなく雪の「利活用」へと、雪との新しい関係を築こうとする動きが見られようになりました。雪を観光資源ととらえた雪まつりの開催などがそれに相当します。これらは「前向き」であることは評価できますが、反面、実際的な面での問題解決を先送りにした印象は否めません。しかも、そうした利活用の動きが始まったのと時を同じくして、積雪の量が増えてきたのは皮肉でした。除雪の影響などで車道を歩いている子供たちやお年寄りを見るにつけ、優先順位を誤ってはいけないな、と。難しいところです。

ところで、金沢は冬に限らず、一年を通じて最も雷の多い土地でもあります。しかも断トツで多い。実際、今年も雷の多い1年でした。(写真提供/金沢市)

若林

by 若林

7人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事

ツバメ総調査

梅雨入りし台風までやってきた7月初旬。少し前までは過ごしやすい気候だったのに、今年も猛暑になるのでしょうか。 さて、その過ごしやすい時(続きを読む

2017年7月4日(火) | by 西中

白山信仰

富士山、立山とならぶ日本三霊山の一つ。以前、このコーナーでも紹介されていましたが、今年は白山開山1300年の節目の年。ということで様々なイベ(続きを読む

2017年5月11日(木) | by 愛山

サムライ以前の石川県をゆく。

千里浜なぎさドライブウェイの端っこに、大伴家持が詠んだとされる歌が刻まれた石碑があります。ご存知ですか? というより大伴家持って誰?ってこと(続きを読む

2017年3月14日(火) | by 西中

雪の金沢2

このところ比較的あたたかな日が続いていましたが、昨夜は少し冷え込み、朝、窓外の様子をうかがうと、屋根や田んぼにうっすらと雪の覆いがかかってい(続きを読む

2017年2月7日(火) | by 若林

学生のまち・金沢。

怒涛のように1月が終わろうとしています。時間が経つのが年々早く感じる今日この頃。当たり前ですが時間の長さは変わらないもの。この「早く」感じる(続きを読む

2017年1月31日(火) | by 西中

雪の金沢

いつくるか、いつくるか、と覚悟を決めつつ待ち構えていた本格的な雪が、ついに金沢の街を白く染め上げました。 平野部でも30センチ――といった予(続きを読む

2017年1月17日(火) | by 若林

紅白の鏡餅

石川県では紅白の鏡餅を飾ります。全国どこに行っても二つとも白が通常ですが、石川県は紅白。全国シェアを誇る鏡餅メーカーも、石川県用には、特別に(続きを読む

2016年12月27日(火) | by 愛山

用水めぐり 「辰巳用水」の巻

今回は「辰巳用水」。東京の玉川上水、静岡の箱根用水、長野の五郎兵衛新田用水と並ぶ、日本四大用水のひとつだとか。 全長は12キロ。約4キ(続きを読む

2016年12月20日(火) | by 若林

用水めぐり 「大野庄用水」の巻

大野庄用水は、おそらく最も広く(金沢市民以外にも)知られた用水でしょう。名前を聞いてピンとこない人でも、武家屋敷跡の土塀沿いに流れている用水(続きを読む

2016年11月29日(火) | by 若林

用水めぐり 「鞍月用水」の巻

鞍月用水は、犀川に架かる上菊橋の上流右岸、住所でいうと城南2丁目地点で取水。 そこからなんだかんだあって(そのなんだかんだにも見どころはある(続きを読む

2016年11月8日(火) | by 若林


月刊 金澤

とっておきのテーマ一覧

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和