金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

もうひとつの花見

2015年3月5日(木) | テーマ/金沢の雑学

先日、テレビを見ていたらある番組で北陸新幹線開業について侃々諤々やっていて、そのなかで「金沢は桜の穴場」みたいなことを言っていた。「今年は桜を楽しむなら(新幹線も通ったことだし)金沢が穴場ですよ」みたいな感じ。「4月はまだ(新幹線の)お席に余裕があるようなので、花見がてら金沢へどうですか」と締めくくっていた。

3月14日の開通日が近づいてきた。始発電車は満杯ということなので、少なくない人たちが金沢へやってくる(あるいは金沢から出ていく)のだろう。当日、こちらへやってくる人たちは残念ながら桜を楽しむことはできない。満開は4月10日前後と言われている。ならば「梅はどうですか?」と言いたい。

奈良時代以前、花見といえば「梅」が主流だったようである。桜が幅を利かせるようになったのは平安中期以降で、「花見=桜」が定着するのは江戸時代以降のことらしい。 金沢の名勝、兼六園には「梅林」(面積は約3000平米)があって、全国の梅の名所(太宰府天満宮、湯島天神、水戸偕楽園など)から集められた、約20種200本の梅が植栽されている。一番多く見られる品種は「白加賀」で、これは実をたくさんつけることで知られ、6月の梅の実の収穫は恒例行事となっている。

2月の下旬ごろから「八重寒紅」が咲き始め、見頃は3月半ばから下旬にかけて。金沢駅に降り立った後、兼六園の梅林で金沢の早春を感じ取ってほしい。梅は別名「春告草」とも呼ばれている。 (写真提供/金沢市)

若林

by 若林

4人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事

屋根にチョンマゲ

チョンマゲ(の形状をした)瓦。それが明治の断髪令の後、武士がプライドを示すためにつくらせたものだという「説」を教えられたのは長町武家屋敷での(続きを読む

2017年11月21日(火) | by 若林

金沢のローカル自虐ソング〜西金プリンスロード商店会

自虐ネタといえばお笑いですが、金沢の自虐的な歌をご存知でしょうか。 今回は、西金沢にある商店街「西金プリンスロード商店会」の歌「T・S・O(続きを読む

2017年11月2日(木) | by 石井

盗っ人も匙を投げる大きさ

今回は兼六園に出かけてみましょう。 兼六園にはいくつか出入口があるのですが、ここでは「真弓坂口」を選びます。 ゆるやかな坂を上っ(続きを読む

2017年10月31日(火) | by 若林

そろそろ許してあげても。

今回の「不思議」な場所は尾山神社。昔むかしのお話です。 尾山神社の神門をくぐるとき、ちょっと足下に視線を向けてください。大きな丸い敷石(続きを読む

2017年10月3日(火) | by 若林

ツバメ総調査

梅雨入りし台風までやってきた7月初旬。少し前までは過ごしやすい気候だったのに、今年も猛暑になるのでしょうか。 さて、その過ごしやすい時(続きを読む

2017年7月4日(火) | by 西中

白山信仰

富士山、立山とならぶ日本三霊山の一つ。以前、このコーナーでも紹介されていましたが、今年は白山開山1300年の節目の年。ということで様々なイベ(続きを読む

2017年5月11日(木) | by 愛山

サムライ以前の石川県をゆく。

千里浜なぎさドライブウェイの端っこに、大伴家持が詠んだとされる歌が刻まれた石碑があります。ご存知ですか? というより大伴家持って誰?ってこと(続きを読む

2017年3月14日(火) | by 西中

雪の金沢2

このところ比較的あたたかな日が続いていましたが、昨夜は少し冷え込み、朝、窓外の様子をうかがうと、屋根や田んぼにうっすらと雪の覆いがかかってい(続きを読む

2017年2月7日(火) | by 若林

学生のまち・金沢。

怒涛のように1月が終わろうとしています。時間が経つのが年々早く感じる今日この頃。当たり前ですが時間の長さは変わらないもの。この「早く」感じる(続きを読む

2017年1月31日(火) | by 西中

雪の金沢

いつくるか、いつくるか、と覚悟を決めつつ待ち構えていた本格的な雪が、ついに金沢の街を白く染め上げました。 平野部でも30センチ――といった予(続きを読む

2017年1月17日(火) | by 若林


月刊 金澤

とっておきのテーマ一覧

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和