北陸新幹線金沢開業から/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

今日の話題

金沢日和 今日の話題

金沢・加賀・能登の気になるニュースや街の動き、
金沢日和の更新情報など様々な話題をお伝えしていきます。

2015年3月17日(火)

北陸新幹線金沢開業から

3月14日(土)、北陸新幹線、朝6時の金沢発の一番列車を見送り、8時46分着の東京発の一番列車を待つ。駅舎内には、ホームや車両を一目見ようと訪れる人でごったがえした。見送りの出発式の時間には、駅には5,000人の来場者があったという。

一番列車到着にあわせて、お饅頭の配布や着物姿の女性がホームでのお出迎え、芸妓さんの舞を披露などが行われ、降り立つ人の歓迎ムードでいっぱいだった。

一番列車から出てきた東京と福岡の遠距離恋愛中のカップル。「東京で待ち合わせをしての初乗りです。兼六園や21世紀美術館に行く予定です。今日は金沢で1泊、明日は東京で1泊の予定です」という。20名ほどのアンケートの中では金沢は初めてという人は半分、リピーターが半分ほど。なかには、「もう数えきれないくらい来ています」という40代の夫婦もいた。

北陸新幹線金沢開業日だった週末14日(土)と15日(日)、兼六園の来場者数は1万人を超えた。通常の土日は平均6,500人というから、1.5倍以上といえる。このほか、近江町市場などにも多くの人が訪れた。

目下の課題は魅力の再発掘とリピーターづくりだ。石川県はシンガー・ソングライターの松任谷由実さんを「観光ブランドプロデューサー」に委嘱。16日(月)には委嘱式が石川県庁で行われた。
  • LINEで送る

その他の記事



ページの最上部へ