金沢の方言(金沢弁)シリーズ/ げんげろ(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

げんげろ

2015年4月7日(火) | テーマ/金沢の方言

NHK連続テレビ小説『まれ』がスタートして早一週間。
お話の中でたくさん方言が登場していますが、
今日はその中で気になった方言をご紹介します。

主人公の「希」が能登に来たばかりの頃に「げんげろ」という言葉を口にしていましたね。
そんな方言出てきただろうか?と思いましたが、振り返ってみると結構出てきていました。
もちろん「げんげろ」ではなく「げん」「げんろ」といった言葉としてですが。

「げん」「げんろ」はいずれも語尾に付ける方言になります。

「げん」は標準語にすると
「~なのです」と、何かを断定する時に使います。
例:
ご飯食べるげん(ご飯を食べるんです)

「げんろ」は「~なのですよね」と、こちらは疑問形になります。
例:
勉強するげんろ?(勉強をするんですよね?)

どちらも日常的に使用する言葉なので、普通に会話しているだけで「げん」「げんろ」が
たくさん飛び交います。
会話をずっと聞いていたら「げんげろ」に聞こえてしまうのも何だか納得できますね。

ちなみに「げん」「げんろ」は“げ”の前に小さく“ん”を入れる鼻濁音にして話すと
よりネイティブに聞こえますよ。
詳しくは番組の中で確認してみてくださいね。

写真は劇中に登場した架空の役場『外浦村役場』になります。
外壁のペイントは撮影用に施されたそうです。

※鼻濁音(びだくおん)とは、日本語で濁音の子音(有声破裂音)を発音するとき鼻に音を抜くものを言う。(wikipediaより引用)

  • LINEで送る
木田

by 木田

6人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ