東京にもあったんだ!(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

東京にもあったんだ!

2015年4月14日(火) | テーマ/ニュース

北陸新幹線開業から1ヶ月が経ちましたが、
先日ようやく「かがやき」に乗る機会がありました。
東京『歌舞伎座』の近くにある、弊社の東京支社を訪れたのですが、
予定の合間をくぐって、金沢のアンテナショップ『銀座の金沢』に
行ってきました。

「俺の」レストランで有名な『俺のフレンチ』『俺のイタリアン』と
同じビルにある『銀座の金沢』。こちらは店名もシンプル。
飲食店が多く入るビル名も『キラリト ギンザ』。
どこか通じるネーミングです。

さて『銀座の金沢』はこのビルの中ではひときわ落ち着いた雰囲気の
レストランとなっていて、
金沢の名店『銭屋』のご主人、高木慎一朗氏が監修したダイニング。
ハレの日のご利用もいいのではないでしょうか。

kinkou
入り口はダイニングの雰囲気をまったく邪魔しないつくりで、
若手実力作家さんの生活工芸から、大家といわれる方の金沢の伝統工芸が
展示されているギャラリーがあります。
器好きな私としては、かなり楽しめ、
スタッフの方の振る舞いも「金沢のおもてなし」を
感じてうれしくなりました。

『銀座の金沢』では4月21日(火)に金沢から芸妓を招いた「春風の宴」、
4月22日(水)から「金沢市工芸協会」展〜伝統と革新・金沢の工芸〜といった
企画をされていて、単なる飲食店とは違う楽しみと話題を提供してもらえそうです。
>>『銀座の金沢』ホームページはこちら

さらに『銀座の金沢』の近所には、金沢がもう一つあります。
石川県のアンテナショップ『いしかわ百万石物語・江戸本店』で、
弊社発行の金沢の情報誌『Clubism』、『金澤』を
設置・販売していただいています。
入り口で「ひゃくまんさん」が出迎えてくれ、
金沢駅にも「ひゃくまんさん」が飾ってあって記念撮影する人を
見かけますが、こちらでも思わず記念撮影したくなります。

このお店の売りは、ずばり品揃えではないでしょうか。
石川県内でもこれほど多彩な商品が揃うことはないでしょう。
例えば地元で人気の「とり野菜みそ」。
「トマト」、「とんこつ」は、金沢のお店ではなかなか目にしませんが、
東京のこのショップには豊富に揃っています。

なお、この『いしかわ百万石物語・江戸本店』では
4月15日(水)より、お得な商品券を発売するそうです。
この機会に、石川の食品や和/洋のスイーツ、お茶、お酒、工芸などを
ぜひお手にとってみてください。
(弊社の雑誌もぜひ!)

◆『いしかわ百万石物語・江戸本店』プレミアム商品券販売開始

2015年4月15日(水)より販売!!
1,500円もお得です!
販売価格 1セット3,500円(1,000円券×5枚綴り)
販売期間 2015年4月15日から2015年5月31日迄
利用期間 2015年4月25日から2015年8月31日迄
chirashi

>>『いしかわ百万石物語・江戸本店』ホームページはこちら

  • LINEで送る
石井

by 石井

4人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ