ご当地マンホール(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

ご当地マンホール

2015年4月16日(木) | テーマ/金沢の雑学

若い頃、アルバイトで住宅地図を更新するためのリサーチを手伝ったことがあります。 ちょうど昭和天皇崩御の後で、大喪の礼に備えて東京都心が何かと緊張していた時期でした。

そんななか、新宿を中心に街をカメラや白地図片手に歩き回ったのですが、そのとき知ったのは、道には意外とお金が落ちているということでした。けっこう小銭を拾ったのです。 当時はお金に余裕がなく、いつもお腹を空かせていましたから、これにはとても助けられました。交番には届けず(何しろ大喪の礼に関する警備等で警官もそれどころではありませんでしたから・・・ということで)、菓子パンや肉まんを買い求めました。

前置きが長くなりましたが、以来、街を歩く際には下を向いて歩くことが多くなりました。残念ながらお金を拾うことはめったにありませんが、その代わり、いろいろと発見もあります。マンホール(ようやく本題)も、そのひとつ。

マンホールの蓋は、自治体によって図案が異なります。なかには、けっこうユニークなものもあったりして。 今回の写真は金沢市内の片町~武蔵間(国道157沿いの歩道)で見ることのできる「水引マンホール」です。地元の美大生が加賀水引をモチーフにデザインしたもので、地味だった金沢市のマンホール界に射し込んだ光明とでも呼びたい作品です。ライトブルーとイエローの組合せは美しいものの、肝心の水引のデザインがやや視認しづらいのが玉にキズですが。

街歩きの際、これからは足もとにも注意してみてください。この企画はつづく・・・かもしれません。

  • LINEで送る
若林

by 若林

6人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ