浅野川大橋詰に火の見櫓あり(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

浅野川大橋詰に火の見櫓あり

2015年5月28日(木) | テーマ/金沢の雑学

浅野川大橋詰、ちょうど交番の向かい側に鉄骨造りの火の見櫓(やぐら)が立っている。

これは大正13年に建てられたもので、実は、もとの高さは23mもあったそうだ。 23mというと6、7階建のビルくらいの高さになるかと思うが、昭和46年、老朽化のために半分ほどを切断され、現在の高さ(10mほどだろうか)になったようだ。何となくバランスが悪く感じられる(下半身デブに見える)のは、そのためである。

もちろん現役ではない。ハシゴの下の部分はアクリル板でガードされ、不心得者が昇って騒いだりしないようにしてある。

大きいわりには目立たない、この火の見櫓。東山観光の際には、ぜひ、目を留めてほしい。 ちなみにこちらは現存しないが、犀川大橋の橋詰、蛤坂の上り口にも同様の火の見櫓があったとのことだ・・・。

なお、川の対岸(並木町側)に木造の火の見櫓があるが、これは明治期に建てられた櫓を復元したもの。かつて犀川大橋詰、下堤町にあった櫓と合わせて、「金沢の三櫓」と呼ばれていたものの一つとのこと。

  • LINEで送る
若林

by 若林

6人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ