金沢の方言(金沢弁)シリーズ/ だら(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

だら

2015年6月16日(火) | テーマ/金沢の方言

金沢の代表的な方言の一つ「だら」。
言葉の意味は「バカ」とか「アホ」といった意味で
人をけなしたり、叱ったりする時に使います。
「まれ」でも何度か登場している方言ですね。

【例】

「だらなこと言うなま!」(馬鹿なこと言わないで!)

「だら!何やっとるげんて」(馬鹿!何やってるの)

ちなみに語源は
「足らず」→「だらず」→「だら」 という説が有力だそうですよ。

また関連語もいくつかあります。

だらぶち
→バカより強調されたニュアンスになります。
例:えーな、だらぶち!(えーい、大馬鹿者!)

だらくさい
→馬鹿らしい、面倒くさい
例:もうだらくさくなってきたわ(もう馬鹿らしくなってきたよ)

いずれも石川県民に対して当たりが強い言葉になりますので
使い方には気をつけてくださいね。

  • LINEで送る
木田

by 木田

5人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ