世界一、白い器(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

世界一、白い器

2015年10月22日(木) | テーマ/北陸のイベント

石川県から世界へ羽ばたいている企業はたくさんありますが、100年にわたり石川の地で洋食器製造を手がけてきたニッコー株式会社もその一つです。1908年、金沢市で旧加賀藩主前田家と当地有力者により「日本硬質陶器」として創業。以来、様々な食器を生みだし、国内外のホテルやレストランに器を提供、人々の豊かな食体験を支えてきた企業です。

数ある製品の中でも、同社が独自に開発し、世界にその名を轟かせた「NIKKO FINE BONE CHINA」。今回ご紹介するのは、究極の白さと称されるその器に焦点を当てた「世界一白い器展 -日本が生んだ奇跡のボーンチャイナ―」という展覧会で、11/10(火)~23(月)の約2週間にかけ、金沢21世紀美術館(市民ギャラリー)で開催されます。

本展では、国内外で評価されているアーティストや老舗とのコラボレーションをはじめ、今だからこそあえて手で一品一品描く「Art Painters Labo」のハンドペインティング作品の初公開まで、内容も盛りだくさん。ニッコーの歴史を実際の商品とともに振り返ることは、「器」の歴史に触れ、可能性について考えることでもあり、その奥深さ、楽しみ、華やかさを知ることで、「食」に対する自由な発想と想像力が刺激される、またとない機会となりそうです。

「陶磁器の歴史は、白さを追い求めるロマンそのものであることは、あまり知られていません」

とはパンフレットの一文。より薄く、より白く。東洋と西洋を繋ぐセラミックロードの技術革新、その進化を支えたのが、そうした情熱であったことに思いを馳せたとき、純白ともいえる真っ白な皿に鮮やかに盛り付けられた料理やデザートがまた違った風に見えてくるかもしれません。

「世界で最も白く輝く陶磁器」の世界を体験しにぜひ足をお運びください。

ニッコー株式会社 http://www.nikko-tabletop.jp/
金沢21世紀美術館 https://www.kanazawa21.jp/

  • LINEで送る
愛山

by 愛山

21人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ