年明けスタートは、7シーズンぶり。(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

年明けスタートは、7シーズンぶり。

2016年1月21日(木) | テーマ/エトセトラ

温泉や海の幸のイメージが強い冬の石川県ですが、ウインタースポーツも楽しめます。石川県内で今シーズン営業するスキー場は現在5か所。『白山一里温泉スキー場』『白山セイモアスキー場』『金沢市営医王山スキー場』『七尾コロサスキー場』『大倉岳高原スキー場』です。

徐々にゲレンデ数が減ってきており、市町村合併に伴って閉鎖したなど要因は様々ですが、スキー客が減少していることを物語っています。まだ自分が小さかった頃や『私をスキーに連れてって』のスキーバブルの頃、石川県内のスキー場でもリフト1時間待ちなんてことはありましたが、今ではほとんど待つことはありません。滑る側にとっては嬉しいのですが、スキー場にとっては死活問題です。

加えて今シーズンは暖冬で始まり、各スキー場の営業開始が7シーズンぶりに年明けになるという異例の事態。予定されていたスキー大会も中止や延期、県外のスキー場への会場変更などとなりました。

しかし、ここにきて急変。先行して10日に『白山セイモアスキー場』、15日に『白山一里温泉スキー場』、16日に『七尾コロサスキー場』がそれぞれオープンしたのに続き、先週末からの寒波のおかげで今週末までに全スキー場の営業開始が決まりました。

スキー場関係者はもちろん、スキー愛好家、スノーボーダーが待ちに待った雪です。ケガの無いように楽しんでいただきたいですね。

話は変わりますが、長野県や北海道などのスキー場は外国人がたくさんいます。極上のパウダースノーがお目当てらしいのですが、パウダースノーを楽しむためにゲレンデ外に(故意に)出て、遭難やケガをするというケースも増えているそうです。

残念ながら、石川県のスキー場の雪は「極上のパウダースノー」というわけではなく、どちらかというと水分が多い重たい雪。しかし、しかしなんです、この雪で上手に滑ることができるようになると、良い雪のゲレンデに行ったときには、自分がすごく上手くなった気分になれます。

それでも石川県でパウダースノーを楽しみたいという方、朝一番のゲレンデに出かけてみてください。数時間ですが、素敵なパウダースノーが待っていますから。

写真は何年か前の『白山セイモアスキー場』で。みなさん、ゲレンデ外は滑走禁止ですよ。

白山セイモアスキー場
白山一里野温泉スキー場
大倉岳高原スキー場

  • LINEで送る
西中

by 西中

3人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ