シリーズ金沢の坂 その3(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

シリーズ金沢の坂 その3

2016年2月4日(木) | テーマ/金沢の雑学

金沢の茶屋街にある坂道としてつとに有名なのが「暗がり坂」。 そのすぐ傍にあり、ときとして「暗がり坂」と間違えられ、長らく無名の地位に甘んじてきたのが、今回紹介する「あかり坂」である。

命名は2008年、作家の五木寛之氏による。 「暗がり坂」に対しての「あかり」と思われるが、決して暗がり坂より明るいというわけではない。 また「器量」(坂道にも器量のよしあしはあるのです)という点では、むしろこっちの「あかり坂」の方が趣があって器量よしだと、個人的には思っている。

坂を下りきった先には主計町の細い路地が続き、実に風情たっぷり。 日が落ちれば明かりが灯り、茶屋街らしい、艶っぽい雰囲気に染まる。

ふと、途中で立ちどまりたくなる坂道だ。

  • LINEで送る
若林

by 若林

4人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ