金沢の方言(金沢弁)シリーズ/ よしかかる・かたがる(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

よしかかる・かたがる

2016年2月25日(木) | テーマ/金沢の方言

標準語だと思って何の違和感もなく使っている方言
金沢にもたくさんありますが、
その中でも恐らく最も方言なのに方言だと思われてない
方言を二つご紹介します。

まずは「よしかかる」。
意味は「寄りかかる」になります。
「よしかかる」と「よりかかる」で音が似てるので
方言と意識せずに使ってる方がいるかもしれませんが
きちんとした方言なんですよ。

もう一つは「かたがる」
意味は「傾く」になります。
こちらは「よしかかる」と違って音が似てないので
他県民の方に「そこ、かたがっとるよ」と言っても通じず
不思議な顔をされた、という経験がある人もいるかもしれませんね。

この他にも方言だと気づかれにくい方言はまだまだありますので
よかったら探してみてください。

  • LINEで送る
木田

by 木田

3人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ