玉泉庵の茶室から庭園を愛でる喜び(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

玉泉庵の茶室から庭園を愛でる喜び

2016年3月3日(木) | テーマ/観光

北陸新幹線金沢駅が開業した昨年3月に完成した『玉泉院丸庭園』。
オープンしてわずか1年の金沢の新名所です。
開園後、私も何度か足を運びましたが、昼の庭園と、
ライトアップで照らされた庭園を楽しんできました。

2016年に入り、「1年経過していないということは、まだ雪景色は見ていない!」
ということに気がつきまして、雪を待っておりました。
しかし、今年の金沢はかなりの暖冬。
ようやく撮影できた写真は2月の『玉泉院丸庭園』です。
休憩所『玉泉庵』の和室から撮影させていただきました。

雪の『玉泉院丸庭園』は予想をはるかに上回る、まるで絵画のような美しさです。
園内を散策する人たちもまるで絵の一部のように思えてきました。
庭園の美しさに、取材ということも忘れそうです。
やはり日本庭園は畳の部屋からくつろぎながら眺めるのが一番だと思います。

抹茶とオリジナル生菓子
そしてこの『玉泉庵』の和室からお抹茶とオリジナル生菓子をいただく喜び。
喧騒をはなれて庭を愛でる快感はまさにお殿様気分!? 心もほぐれてきます。

『玉泉院丸庭園』はこれからも四季を通じ、
また時間帯によって美しい景色を私達にみせてくれるでしょう。

写真は春のころの『玉泉院丸庭園』です。四季を通じて楽しめる、市民に愛される観光スポットではないでしょうか。

写真は春のころの『玉泉院丸庭園』です。四季を通じて楽しめる観光スポットだと思います。

◆金沢城玉泉院丸庭園
http://kanazawabiyori.com/shop/shop_11429.html
http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/gyokusen-in/

[玉泉庵 和室]
◆呈茶営業時間
9:00〜16:30(受付は16:00まで)
※12:00〜13:00の間、清掃のため入館できません。
※貸切利用時など、入館できない場合があります。
◆休館日 年末年始(12月29日〜1月3日)
◆呈茶料金 抹茶720円(オリジナル生菓子付き)
◆問い合わせ先
金沢城・兼六園管理事務所 Tel.076-234-3800
http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/

  • LINEで送る
石井

by 石井

6人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ