兼六園の向かいに新施設。文化財の修復作業を無料公開。(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

兼六園の向かいに新施設。文化財の修復作業を無料公開。

2016年5月2日(月) | テーマ/観光

兼六園の向かい、『石川県立美術館 広坂別館』隣に『石川県文化財保存修復工房』が誕生しました。『石川県文化財保存修復工房』は平成9年に発足しましたが、建物の老朽化に伴い、新築移転することとなりました。
オープンに際し、ふだんは非公開のエリアを含めて館内を案内していただく機会がありましたのでレポートしたいと思います。
正面

文化財を後世に遺すには修復技術者の育成と環境が必要になります。この新施設には国立の修復施設に比較しても倍の修復室を設けてありますので、石川県のみならず全国の文化財保存と修復に期待されるでしょう。また文化財の修復作業を無料で、なおかつ予約を必要とせず一般公開する、全国にもない施設となるそうです。

第2表具修復室
間仕切りによって仕切られた2つの修復室では気温20℃、湿度60%を基本とした環境の中、掛軸、屏風、襖、額、冊子等を修復します。大きな作品には間仕切りを取り外して倍のスペースで修復作業にあたれるようになっています。

【漆工芸品修復室】
漆工芸品修復室
さらに漆工芸品の修復室も新設されました。漆工芸の修復には最高級の漆を使用するのですが、扉を開けただけで漆にかぶれてしまう人もあるとのこと。
ガラスの向こうから見学するのでかぶれる心配はなさそうです。

【修復工房ガイダンス室】
ガイダンス室
修復作業の工程を映像やパネルで紹介しています。
過去の修復事例を映像で見ることができます。

【撮影室】
(非公開エリア)
shasin
修復の前後の記録をとるための、作品を撮影するスペース。
カメラの光でさえも傷んでしまう文化財に負担がかからないように撮影します。

【糊保管庫】
(非公開エリア)
nori
修復に使われる糊は粘着力が強すぎてはいけませんが、適度な粘着力も必要。
修復のための糊をつくるためには10年以上の時間が必要になるため、年代別に糊の保管をしてあります。

テープカット
オープン当日は石川県知事はじめ、多くの関係者、来賓が集まってテープカットが行われました。

入口
『石川県文化財保存修復工房』は『石川県立美術館 広坂別館』と同じ入口です。
文化施設が多い兼六園エリアには緑が一杯で、散策も楽しいですよ!
兼六園エリアにお出掛けの際はぜひ。

■石川県文化財保存修復工房
(石川県立美術館 広坂別館隣)
石川県金沢市出羽町1-1
開/9:30〜17:00(入館は16:30まで)
※修復工房ガイダンス室と見学スペースは入場無料
休/年末年始
TEL(076)221-8810(広坂別館)
http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/
http://www.kanazawabiyori.com/shop/shop_1218.html

  • LINEで送る
石井

by 石井

1人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ