あばれ祭(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

あばれ祭

2016年6月28日(火) | テーマ/北陸のイベント

暴れれば暴れるほど神様が喜ぶ祭りがある。そのことを初めて知ったとき、にわかには信じがたく、それでもなぜか、とても痛快な気持ちになったことを思い出します。

今回ご紹介する「あばれ祭」は、県の無形民俗文化財にも指定された能登町宇出津で行われるキリコ祭り。この祭りを皮切りに、能登の様々な場所で夏祭りが始まりますが、中でも、最も勇壮で、迫力のある祭りがこの「あばれ祭り」です。

宇出津地区にある約40町から奉納された約7mのキリコが、「テテンコテンテン・テコテンテン」という八坂太鼓の音に合わせ、火の粉を浴びながら乱舞する姿を観るだけでもテンションは上がりますが、なんと言っても圧巻は、2日目(最終日)のクライマックスに行われる御輿の破壊!  神聖な御輿を、地面に叩きつけ、川に投げ込み、火をつける。と同時に、担ぎ手である男たちも全員全力で暴れまわる。「破壊」と書くとなんだか不謹慎な気もしますが、それがただの「破壊」ではなく、その行為自体が、荒ぶる神スサノオノミコトへの厳かな奉納であることは説明するまでもなく、その原始的ともいえる神事に魂が揺さぶられること必至。これぞ祭の原点といえる稀有な祭なのです。

今年は、いよいよ今週末、7月1日(土)、2日(日)の2日間の開催。すでに予定が入っているという人も、まさしく狂気乱舞、眠らない宇出津の2日間を、人生に一度は体験することをおすすめします!

ちなみに、掲載写真は、金沢や能登を始め、全国の様々な風景を撮り歩いていらっしゃるブラジィさんのブログから。そちらに掲載されている臨場感溢れる大迫力の「あばれ祭」の写真も必見です。

©ブラジィの気まぐれ写真

ブラジィの気まぐれ写真 http://burattojii.blog.fc2.com/

  • LINEで送る
愛山

by 愛山

8人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ