シリーズ金沢の坂 その10「観音坂(男坂)」(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

シリーズ金沢の坂 その10「観音坂(男坂)」

2016年7月12日(火) | テーマ/金沢の雑学

当シリーズの「その5」で紹介した「女坂」同様、坂上の観音院に続く坂道。 観音坂――というと、普通、金沢ではこちらの「男坂」を指すことが一般的である。

金沢市東山1丁目の寿経寺前から東南方面に向かって二手に分かれる道のうち、右手に進むと、やがて樹木に頭上を覆われた石段に辿り着く。これが「観音坂(男坂)」。左に進めば「女坂」となる。

名前は「男」だが、これがなかなか色気を感じさせる。ひやりとした空気感、深沈たる静けさ、坂の途中から覗ける黒瓦の艶、石段を染める苔の緑・・・・・・。なんでこっちが「女」じゃないの? と疑問を覚えるくらいに色っぽい。そして呼び名はどうあれ、この妖艶さに惹かれ、訪れる人は数多い。叱られそうだけれど、秘かに(親しみを込めて)「オネエ坂」と呼んでいる。

夏の四万六千日の宵の刻、この坂は、最もにぎわいを見せるといわれる。ちなみに今年は8月11日がその日に当たります。

  • LINEで送る
若林

by 若林

3人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ