松任海浜エリアで海の恵みを楽しむ(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

松任海浜エリアで海の恵みを楽しむ

2016年9月6日(火) | テーマ/観光

石川県は南北にわたって海岸でおおわれた場所にありますので、日本海の様々な表情にふれることができます。今回は金沢から少し南部寄りの松任海浜エリアの海岸をご紹介したいと思います。

このエリアは、地元では「CCZ(シーシーゼット)」という名前で親しまれております。「C.C.Z.」は「coastal community zone」の略称で、「地域の人々と海辺を結ぶ、ふれあいの空間」という意味になるそうですが、略称の意味を今回の取材で初めて知りました。

石川の海というと能登エリアの海が「里山里海」と言われて注目されていますが、「里山里海」は、そのままの自然を人の手で維持することで保全がはかられています。一方、松任海浜エリアの海岸では、言わば人が海の恩恵を受けて遊ぶためのエリアとして整備されていると言えるかもしれません。温泉、バーベキュー場、飲食、ショッピング、高速道路と多くの施設が集合している場所です。
金沢市内から小松空港・加賀温泉方面へ向かうときにも立ち寄りやすい観光スポットですので、ここを見おとす手はありませんよ!

夏休みが終わる8月末に訪れたのですが、とくに海と空の青さに癒されました!
夕陽がきれいな海岸としても有名ですので、時間帯によってまた違った海も楽します。
徳光海岸1

海に面した展望台が徳光パーキングエリアには設けられていて、海の解放感が楽しめます。
パーキングエリアには、一般道から施設へ立ち寄れる駐車場も整備されているので便利です。
徳光海岸2

日本では少ない、高速道路をまたぐ歩道橋「ラブリッジまっとう」では、日本海を高台から眺めることができます。
ラブリッジまっとう

歩道橋「ラブリッジまっとう」の階段を上がると、高速で走る車を眺めることが可能。人気のスポットです。
高速道路

さて海から移動して向かいの『はくさん街道市場』にやってきました。ここには約40店舗のお店が集まっています。施設中央の入口には、海のエリアらしく大きな魚のオブジェが歓迎してくれます。
はくさん街道市場3

この施設には「海鮮市場」のエリアがあって、『近江町市場』の規模まではいきませんが、市場が軒を連ねています。購入した新鮮な海鮮をその場で焼いて食べることができます。市場ならではですね。
写真の方は、市場らしくその場で「のり」をつめて新鮮な状態で販売されていました。わさびをはじめ、いろいろな味の「のり」が種類豊富です。
はくさん街道市場1

市場の威勢のよい声が聞こえてくる、活気のある場所です。
はくさん街道市場2

おみやげコーナーも充実していて、石川県の名物のおみやげが並んでいるので、金沢市内で買い忘れていたおみやげを買い足せますね。
はくさん街道市場4
フードコートも充実していて、『キッチンユキ』さんでは、金沢名物の「ハントンライス」もあります。そのほか、大衆演芸ショーが定期的に行われています。

さて、『はくさん街道市場』の隣りには、疲れを癒せる『松任海浜温泉』がありますよ。
入口の提灯が温泉らしくていいですね。
CCZ温泉看板

玄関入口を入ると、『ソフトバンク』のロボットPepper(ペッパー)君にお出迎えされました。高い天井も圧倒されます。
この温泉の大浴場は、残念ながら湯船から海は見えませんが(見えるようなら、海岸から裸が見られちゃいますね・・)、地元の人に人気の温泉『松任海浜温泉』は、大きな湯船が特徴的な温泉です。とびきりの解放感がありますよ。
大浴場01

露天風呂は日本庭園のように整備されていて、癒しのスペースです。
CCZ露天風呂

これ以外にもバーベキューやプールといった施設がありますから、1日中遊べちゃいます。
海の恵みをぜひ感じてください!

※それぞれの施設の場所は以下のリンクよりご確認ください。
はくさん街道市場
はくさん街道市場
石川県白山市徳光町2398-1
TEL.076-274-8768
営/9:00~19:00
休/年中無休
P/300台
http://hakusan-kaido.com

松任海浜温泉
CCZ温泉外観
石川県白山市徳光町2665-1
TEL.076-274-5520
詳細データ
営/5:00~22:30(月曜日は10:00~)
休/第3木曜日
P/250台

  • LINEで送る
石井

by 石井

5人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ