うきうき堂(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

うきうき堂

2016年9月27日(火) | テーマ/観光

加賀温泉郷の一つ、片山津温泉。霊峰白山を望み、季節によって表情を変える柴山潟の景色を満喫できる自然豊かな温泉街。潟を周遊する屋形船や、美しい花火の打ち上げなど、他の温泉では味わえない楽しみがあるのも魅力です。

その片山津温泉のおすすめの散策スポットが、今回ご紹介する浮御堂で、別名「うきうき堂」と呼ばれ、柴山潟の中にぽっかりと浮かんでいます。湯ノ元公園から浮御堂までは浮浅橋で結ばれており、夜になると、背後にある高さ70mの大噴水とともにライトアップ。その幻想的な光景を目にするだけで、日常から非日常へ誘われること必至。中には竜神さまと弁天さまが祀られています。

なんでも、その竜神さまと弁天さまは、その昔、片山津の村で大暴れしていた「おろち」と、手にした琵琶のうっとりする音色でその「おろち」を手なずけ、守り神として生まれ変わらせた美しい娘の化身とのことで、そうした伝承を知るとなお一層、目に見える景色がより特別なものに思えてきます。

石川県には、ガイドブックに大きく取り上げられるような有名な観光地が沢山ありますが、一方で、こうした、なにげなく地元の風景に溶け込んだ景勝も数多くあります。片山津温泉ほか、山代、山中、粟津など、加賀温泉郷の他の温泉でも、街を散策し、あなただけの景勝地を探してみてください。

写真提供:石川県観光連盟

  • LINEで送る
愛山

by 愛山

2人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ