紅白の鏡餅(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

紅白の鏡餅

2016年12月27日(火) | テーマ/金沢の雑学

石川県では紅白の鏡餅を飾ります。全国どこに行っても二つとも白が通常ですが、石川県は紅白。全国シェアを誇る鏡餅メーカーも、石川県用には、特別に紅白のものを作っているそうです。

なぜ石川県だけ紅白? とその理由を調べてみると、前田家が祖とした菅原道真の紅梅・白梅にちなんでいるとか、倶利伽羅峠の源平合戦の平氏の赤旗・源氏の白旗を模しているとか、農業を重視した加賀藩が五穀豊穣を願って様々な雑穀を入れた餅飾りを施したとか、諸説あるようですが、いずれにしても、その由来はやはり、加賀藩前田家に献上されたものにあるようです。

そして、もう一つ不思議なのは、今は「上が赤、下が白」が一般的ですが、お殿様は「上が白、下が赤」で飾っていたとのことで、それが逆転した理由も、庶民が殿様と一緒ではバチが当たると考えたとか、明治維新となり武家社会から天皇社会へと時代が変わったからなど、こちらも諸説があるようです。(加賀藩主・前田斉広公に鏡餅を献上した天神町の田井菅原神社のブログに詳しく書かれていましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください)

お正月には、こうした沢山の風習が残っていますので、その由来や意味について考えたりしてみるもの楽しいですね!

今年も一年ありがとうございました。では、良い年をお迎えください。

  • LINEで送る
愛山

by 愛山

4人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ