コスモアイル羽咋(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

コスモアイル羽咋

2017年1月24日(火) | テーマ/観光

江戸時代から空飛ぶ円盤が目撃されたという伝承が残っている「UFOのまち」羽咋市。そこにあるのが、今回ご紹介する宇宙科学博物館『コスモアイル羽咋』です。

この博物館、観光客集めの、ただの町おこしと思うなかれ。なんとあの「NASA」(アメリカ航空宇宙局)が特別協力する、かなり本格的な宇宙科学博物館で、アメリカ合衆国が初めて開発した有人飛行用宇宙船「マーキュリー宇宙カプセル」、実際に宇宙から帰ってきた旧ソ連の「ヴォストーク帰還用宇宙カプセル」、人類を月面に送り込んだ「アポロ月面着陸船」などなど、実物・レプリカを含め、誰もを夢中にさせる展示物が盛りだくさん。宇宙開発の歴史はもちろん、宇宙そのものについても理解を深められる、ちょっとスゴイ博物館なのです。

そして、個人的におすすめしたいのが、ユニークなミュージアムショップ。「たこやき」や「ロールケーキ」の宇宙食や、宇宙ステーションで実際に食べられたカレー、宇宙人がプリントされたTシャツやファンシーグッズ、マニア垂涎のちょっと専門的なプレミアグッズまで、ここにしかないお土産が必ず見つかるはず。

金沢から車で約50分。近くには、日本で唯一、波打ち際で車を走らせることができる「千里浜なぎさドライブウェイ」もありますので、ちょっと足を延ばしてぜひ訪れてみてください!

コスモアイル羽咋
http://www.hakui.ne.jp/ufo/index.html

  • LINEで送る
愛山

by 愛山

3人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ