金沢の方言(金沢弁)シリーズ/ めもらい(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

めもらい

2017年3月2日(木) | テーマ/金沢の方言

目が痛くなったり、かゆくなったりして擦ってるうちに
まぶたが腫れてしまった、という経験をしたことはありませんか?

そんな状態のことを石川県では「めもらい」と言います。
標準語で言うと「ものもらい」のことですね。

実はこの「めもらい」、他県ではほとんど通じない方言だったりするのですが
調べると福井県、そして大分県、長崎県でも使われたりしています。
福井県はお隣の県なので同じ言葉を使っていても不思議ではないですが、
遠く離れた九州でも「めもらい」という方言が使われているのは意外でした。

ちなみに全国的には、関西だと「めばちこ」、熊本県では「おひめさん」、
宮城県では「ばか」といった言葉が使われています。
同じ「ものもらい」でも地域によって呼び方が変わるのは面白いですね。

  • LINEで送る
木田

by 木田

2人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事


ページの最上部へ