金沢の方言(金沢弁)シリーズ/ おいね・おいや・なーん(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

おいね・おいや・なーん

2017年3月23日(木) | テーマ/金沢の方言

石川の方言の中で最も特徴的なものとして「あいづち」が挙げられます。

例えば「おいね」と「おいや」。
どちらも言葉に対して肯定する「そうです」という意味のあいづちになるのですが
「おいや」はどちらかというと男言葉になるため、あまり女性は使いません。

「明日は金曜日やって」
(明日は金曜日ですって)

「おいね(おいや)、もう週末やわいね。一週間早いわ」
(そうだよ、もう週末ですよ。一週間早いですね)

他にも「なん」、「なーん」というあいづちがあります。
こちらは逆に言葉に対して否定する「いいえ」という意味のあいづちになるのですが、
優しいニュアンスになるので、やわらかく否定したり、断ったりする時の接頭語として
使うことのほうが多いかもしれません。
そのため、使ったとしてもあまり角が立たない方言になります。

「全然食べてないじ?もっと食べまっし」
(全然食べてないですね?もっと召し上がってください)

「なーん、お腹いっぱいやし、いいげん」
(いいえ、お腹がいっぱいなので、いいんです)

機会がありましたら使ってみてください。

  • LINEで送る
木田

by 木田

4人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事


ページの最上部へ