金沢の方言(金沢弁)シリーズ/ ちゃべちゃべ・じゃみじゃみ(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

ちゃべちゃべ・じゃみじゃみ

2017年4月18日(火) | テーマ/金沢の方言

本日は以前にも紹介した「擬態語の方言」を二つご紹介します。

まずは「ちゃべちゃべ」。
音だけ聞いてもどういう意味なのかわかりにくいと思います。

意味は、「ぺちゃくちゃ」という意味で、おしゃべりな様子を指します。

「ちゃべちゃべ喋らんとこ、静かにしまっしま」
(ぺちゃくちゃ喋らないで、静かにしてください)

ちなみに「ちゃべ」だけだと、「おしゃべりな人」という意味になります。
ただ、ニュアンス的は悪い意味でのおしゃべりな人、という意味になるので
使い方にはご注意ください。

次に「じゃみじゃみ」。
こちらも音だけだとちょっとわかりにくいですね。
今はもうデジタル放送化に伴い見かける機会もなくなりましたが、
意味は、テレビが砂嵐状態になっていることを指す擬態語になります。
あえて標準語にするなら「ザーザー」という言葉が一番近いかもしれません。

「テレビ急にじゃみじゃみになってんけど、壊れたかもしれん」
(テレビが急に砂嵐状態になってしまったのですが、壊れたかもしれません)

使う機会は少ないかもしれませんが、豆知識として覚えてみてください。

  • LINEで送る
木田

by 木田

2人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事


ページの最上部へ