見てるだけ~、より、参加したほうが楽しいぞっと。(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

見てるだけ~、より、参加したほうが楽しいぞっと。

2017年4月25日(火) | テーマ/北陸のイベント

桜の季節が過ぎ、菜の花や藤などが見頃になる今日この頃。石川県で「祭り!」というと、夏から秋の能登のキリコや、金沢の「百万石まつり」がイメージされますが、春先から梅雨入り前のこの時期にも伝統のお祭りがたくさんあります。

七尾の「青柏祭」、美川の「おかえり祭り」、山代温泉の「菖蒲湯まつり」など。小松の「お旅まつり」もそうです。17世紀中ごろから続く祭りで、その中の見どころの一つでもある「曳山子供歌舞伎」は250年以上続く行事。今年は5月12日(金)~14日(日)に行われます。
加賀藩三代藩主の前田利常公が隠居した先が小松城だったのですが、このおかげで絹織物が奨励され、小松地区の大きな富をもたらしたそうです。京都の祇園祭や長浜の曳山祭を観たそれら絹商人が、『小松にも!』と思ったのでしょう。「お旅まつり」に奉納する形で始まったそうです。

って、「お旅まつりに奉納」ということは、元々別々のもの?

そう、「お旅まつり」そのものは、小松城下にあった菟橋神社と本折日吉神社の神輿をお城まで運び神事を行うというのが、はじまりなのだとか。神様が出向く、「旅する」わけだから「お旅まつり」なんですね。

祭りのクライマックスは、中日に8つの曳山が勢ぞろいする「曳山八基曳揃え」。夜にはライトアップもされ、とても幻想的です。でも実は、昼間に曳揃え会場に向かう曳山が、大勢の人によって向きを変え、運ばれていく姿も見ごたえがありますよ。

この曳山、一般の人でも曳き手として参加できるそうです。いまどきは、SNSにアップするために参加する方も多いのかもしれませんね。
町内の小さな神輿を担ぐ祭りもそうですが、観ているだけより、撮ってるだけよりも、参加するほうが祭りは楽しいものだと、、、あくまで個人の感想ですが。

写真は昨年の様子です。左側の曳山を大勢の人たちが一つになって曳いています。

>> お旅まつり(金沢日和イベント)
>> お旅まつり 曳山行列 曳手大募集について

  • LINEで送る
西中

by 西中

3人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事


ページの最上部へ