赤母衣衆が魅せた(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

赤母衣衆が魅せた

2017年6月13日(火) | テーマ/地元スポーツ

「百万石まつり」が開催された6月3日(土)、メインの百万石行列で馬に乗った赤母衣衆が沿道の観客を沸かせていた同時刻、現代の赤母衣衆が愛知県豊田市でも観客を沸かせた。

その赤母衣衆とは、赤を基調とするユニフォームに身を包み、明治安田生命J2リーグを戦う「ツエーゲン金沢」。そして、その対戦相手は、昨年明治安田生命J1リーグから降格し、1年でのJ1復帰を狙う「名古屋グランパス」。元日本代表の楢崎正剛選手や佐藤寿人選手が名を連ねる。

試合前の予想では、連敗で試合に臨む「ツエーゲン金沢」に、連勝で首位を走る「名古屋グランパス」が勝利するのが当然のように思われていた。しかし、相手のミスを逃さず、最後まで走りきった結果、3-2でツエーゲンの逆転勝利。「ツエーゲン金沢」を応援するため、石川県をはじめ全国からスタジアムに集結した約1,000人のツエーゲンサポーターを熱狂させた。

個人的な話になるが、この勝利を多くのサポーターで共有出来たことがとても嬉しく、「百万石まつり」当日に、1,000人が車で約3時間ほど(比較的近いと表現するのが正しいかどうかわからないが…)の県外の同じ場所に集まるのは、数年前には考えらなかった。もちろん、対戦相手やスタジアムなども関係してはいるだろうが、かれこれ8年ほどチームを追いかけている私としたら、2006年に誕生した「ツエーゲン金沢」というプロサッカークラブが根付きつつあるのかなと感じる1日となった。

昨日、アウェイでおこなわれた「カマタマーレ讃岐」戦は残念ながら敗戦となったが、今週末の第19節では、最近アルゼンチン人の監督を新たに招聘した「レノファ山口FC」、観客1万人を目指す「1万人チャレンジデー」として実施される来月頭の第21節では、キングカズこと三浦知良選手が所属する「横浜FC」との対戦がホームゲームとして控えている。

[今後の試合日程] ※会場はともに西部緑地公園陸上競技場
■明治安田生命J2リーグ 第19節
2017年6月17日(土)19時キックオフ
ツエーゲン金沢 vs レノファ山口(ホームタウンサンクスデー/かほく市)

■明治安田生命J2リーグ 第21節/1万人チャレンジデー
2017年7月1日(土)19時キックオフ
ツエーゲン金沢 vs 横浜FC(ホームタウンサンクスデー/野々市市)

※ホームタウンサンクスデーとは、石川県内の各市町を対象とした招待・PR事業で、対象となるエリアの方は、招待チケットや特別価格で試合を観戦することができる。

「ガンバ大阪」「セレッソ大阪」から育成型レンタルでの新戦力も加わり、豊田市で魅せたあの感動を、今度は金沢のホームゲームで魅せてくれるのを楽しみに、またスタジアムへ足を運びたいと思う。

ツエーゲン金沢公式サイト http://www.zweigen-kanazawa.jp/

写真/名古屋グランパス戦で勝利を喜ぶツエーゲン金沢の選手とサポーター(ツエーゲン金沢提供)

  • LINEで送る
岡田

by 岡田

9人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事


ページの最上部へ