地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

金沢の庭園で紅葉を楽しむ

2016年11月17日(木) | テーマ/観光

秋が深まり、金沢の街も赤や黄色の木々が目立つようになりました。
そこで今日は金沢の庭園でどのように紅葉が進んでいるかをレポートしたいと思います。
(20代のころには日本庭園に興味のなかった私ですが、年齢のせいでしょうか・・・。私のこのコーナーでも日本庭園関連の話題が多い気がしますがそこはご容赦を)

[寺島蔵人邸 秋の邦楽演奏会]
写真は先日11月11日に、武家屋敷『寺島蔵人邸』の庭園で行われた「秋の邦楽演奏会」に行ってきたときに撮影しました。部屋から眺める庭の景色にほっと癒されました!
terashimakurando4008
『寺島蔵人邸』のドウダンツツジの庭園は、ただでさえ街の喧噪から離れてほっと癒される場所なのですが、その紅葉に加え、箏や尺八、琵琶の演奏まで楽しめるということで平日の昼間にも関わらず多くの人が来られてました。写真は箏と尺八の演奏シーン。独特の音色とロケーションに日本人であることを実感できました! この後琵琶の語りと演奏も撮影を忘れ聞き入ってしまいました。

樹齢300年以上といわれるドウダンツツジは3メートル以上の高さがあるとのこと。11月末までが見頃となりそうです。
terashimakurando3961

担当者によりますと、今年のドウダンツツジの紅葉は、赤が強めに出て、オレンジに見えるとのこと。『寺島蔵人邸』では春と秋に定期的に演奏会を実施されているそうです。参加された方達から「今日は来てよかったねえ」という声があちこちで聞かれました。こういう秋の過ごし方はいいですね。
terashimakurando4085

[西田家庭園 玉泉園]
さて、次は11月13日秋晴れの朝に『西田家庭園 玉泉園』の紅葉を撮影してきました。
(名前が似ているために『金沢城公園』内の『玉泉院丸庭園』と混同する人も多いようですが、そちらの庭園は雪の季節に取材させていただきました
gyokusenen4139

庭園のご主人によると今年はゆっくり紅葉しているそうで、11月末までが紅葉の見頃だそうです。庭園では生菓子とお抹茶をいただくこともできます(点前の場合は事前予約が必要とのこと)。
また、庭園を望みながら食事を堪能できるガーデンレストラン『かなざわ玉泉邸』(「金沢でカフェ時間に憩う」特集に掲載)があります。それぞれ入口が分かれていますのでご注意を。

写真は茶席「灑雪亭」と紅葉の様子。紅葉と日本家屋とはどうしてこんなにも合うのでしょう。
gyokusenen4145

こちらの庭園は、約400年前の江戸時代初期に着工され、約100年をかけて完成されました。崖地を巧みに利用した庭園で平地の池泉や庭園一面に密生する青苔など池の周りを回遊することで景観を楽しむことができます。
gyokusenen4207

池泉の水源は『兼六園』から引かれていることから、作庭者と前田家加賀藩主との親交が深かったことを物語っているようです。
水面に反射する紅葉も澄んだ色で庭園ならではの鑑賞ができます。
gyokusenen4126

「灑雪亭」の部屋から庭園を眺めると一段と日本庭園の良さを感じました。
gyokusenen4109-2

この季節、いましか見ることができない紅葉の風景が街や野山にあふれています。
2016年・北陸の紅葉スポットをまとめた紅葉特集も参考に、秋の行楽シーズンを楽しみましょう!

[取材協力]
◆寺島蔵人邸
→スポットの地図や詳細情報はこちら
石川県金沢市大手町10-3
TEL:076-224-2789
開/9:30~17:00(入館は16:30まで)
休/年末年始、展示資料整理等期間
駐車場/なし
入館料/一般300円、65歳以上200円、高校生以下無料、抹茶料1名300円
http://www.kanazawa-museum.jp/terashima/

◆西田家庭園 玉泉園
→スポットの地図や詳細情報はこちら
石川県金沢市小将町8-3
TEL:076-221-0181
FAX:076-221-0381
開/9:00〜17:00
休/なし(臨時休園する場合あり)
駐車場/県営兼六駐車場(有料)
入園料/個人・一般700円、高校生600円、小・中学生500円、
団体・一般600円、高校生600円、小・中学生400円
[灑雪亭でお抹茶]※吉はしの生菓子付
点前なし(予約不要)個人・一般1,500円、団体・一般1,300円
点前・茶筅振り体験付(3日前までに要予約)個人・一般3,000円、団体・一般2,800円
※団体は20名以上
http://www.gyokusen-en.net

石井

by 石井

3人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事

あぜのきらめき

先週末、奥能登国際芸術祭へ行ったついでに、ライトアップ「あぜのきらめき」が始まったばかりの輪島市の白米千枚田へ。ここは日本海に面して小さな田(続きを読む

2017年10月17日(火) | by 愛山

そろそろ許してあげても。

今回の「不思議」な場所は尾山神社。昔むかしのお話です。 尾山神社の神門をくぐるとき、ちょっと足下に視線を向けてください。大きな丸い敷石(続きを読む

2017年10月3日(火) | by 若林

中の橋

このコーナーで以前ご紹介した浅野川大橋のほか、映画『舞妓Haaaan!!!』 のロケ地にもなった梅の橋など、「女川」と呼ばれる浅野川には風情(続きを読む

2017年9月19日(火) | by 愛山

それは、今日も気づかれないまま・・・

今回も金沢に散在する「不思議」より。 浅野川大橋の南側に位置する「橋場交差点」から、近江町市場のある「武蔵交差点」まで歩いてみてくださ(続きを読む

2017年9月12日(火) | by 若林

通り過ぎて、思わず二度見。

前回に続いて、金沢に散在する「不思議」をご紹介。こちらも「焼き鳥屋」のオヤジにして観光ボランティアガイドでも活躍中のSさんにご教授いただいた(続きを読む

2017年8月22日(火) | by 若林

歩きにくいと、うすうす感じてはいた。

写真の石段、妙なところがあるのに気がつきませんか? これは金沢城公園内の極楽橋のすぐそばにある石段。実際に歩いてみるとわかるのですが、(続きを読む

2017年7月27日(木) | by 若林

夏も日本酒。

先日、北陸鉄道石川線で実施されていた「ビール電車」に乗ってきました。往復1時間ちょっと。なかなか楽しかったですよ。今夏の実施分は残念ながらす(続きを読む

2017年7月18日(火) | by 西中

いつか見た、塚。

金沢市西部に位置する二塚地区。ここにはその名が示す通り、二つの塚(古墳)があります。 「おまる塚」と「びわ塚」。 どちらも平野部(続きを読む

2017年7月11日(火) | by 若林

金沢21世紀美術館の三代目館長に就任した島館長に、現代アートの楽しみ方を教えてもらいました

『金沢21世紀美術館』三代目館長に就任された島敦彦(しま・あつひこ)さんが、新館長就任記念トークイベント「はじめまして、館長の島です。」で、(続きを読む

2017年6月27日(火) | by 石井

浅野川大橋

最も金沢らしい情緒を感じられるエリアはずばり、中の橋から主計町を歩き、浅野川大橋を渡って、ひがし茶屋街へ至る周辺のエリアであると、個人的には(続きを読む

2017年6月22日(木) | by 愛山


月刊 金澤

とっておきのテーマ一覧

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和