地元編集者のとっておき情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

編集者別

愛山

by 愛山
月刊Clubism・月刊金澤マネージャー。おもしろくて、たのしくて、なんだかワクワクしちゃう、そんなメディアを作りたいと思っている、金沢在住の編集者。

白山信仰

2017年5月11日(木)

富士山、立山とならぶ日本三霊山の一つ。以前、このコーナーでも紹介されていましたが、今年は白山開山1300年の節目の年。ということで様々なイベントが催され、また、予定もされていますが、その根幹にあるのが「白山信仰」です。

「白山信仰」の始まりは、養老元年(717年)。越前(現在の福井県)の僧・泰澄が初めて白山に登拝し、翌年山頂に奥宮を祀ったのが始まり。(いわばそれから1300年が経ったということですが)以来、神々しい神の山・白山は、人々の憧れの対象となり、その信仰は急速に全国に広がっていったようです。

なぜ白山が信仰の対象となったのか?

それは、農耕に必要な水を供給する山の神としてだけでなく、日本海を航行する船からも航海の指標となる海の神として崇められていたからとか、雪をいただき光を浴びて白く輝くその姿に人々は白山を「白き神々の座」と信じてきたから、などの理由があるようです。

さらに、日本人の山岳信仰の基盤ともいえる、山の神に感謝を捧げる「遥拝」(ようはい)と宗教的な境地を目指す「修験」。そのどちらにおいても、白山ほど霊峰という冠が似合う山はないといわれています。

この白山を神体山として祀る白山比咩神社(白山市)は、日本各地に2,700社余り鎮座するといわれる白山神社の総本社。通称「白山(しらやま)さん」と呼ばれ、地元の人たちに広く親しまれています。

ちなみに、白山の夏山の開山祭は7月1日。少し早いですが、記念すべきこの年に、山頂の奥宮を目指し、登拝(御神徳を拝しながら登山することこう呼ぶそうです)を計画してみてはいかがでしょうか?

写真提供:石川県観光連盟

白山開山1300年の専用ホームページ
http://hakusan1300.info/

白山比咩神社
http://www.shirayama.or.jp/

1人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

バックナンバー

ページの最上部へ