地元編集者のとっておき情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

編集者別

愛山

by 愛山
月刊Clubism・月刊金澤マネージャー。おもしろくて、たのしくて、なんだかワクワクしちゃう、そんなメディアを作りたいと思っている、金沢在住の編集者。

邪鬼の門

2016年4月19日(火)

東を流れる浅野川と西を流れる犀川に挟まれた土地に広がる城下町。金沢には、それらに沿うように、浅野川の東岸に「卯辰山山麓寺院群」、浅野川の西岸に「寺町台寺院群」、その南口にあたる小立野台地に「小立野寺院群」と、三つの寺院群が存在しており、いわゆる金沢らしい、古き佇まいを残す風情ある町並みの形成に一役買っています。

なかでも約70もの寺院が建ち並ぶ、金沢最大の寺院群が「寺町台寺院群」で、作家・室生犀星が年少時代を過ごした『雨宝院』、五百羅漢を所蔵している『桂岩寺』、様々なカラクリがあることで忍者寺として知られる『妙立寺』、無縁仏の人骨で作られた地蔵尊のある『大円寺』などなど、個性豊かな寺院が数多く点在する絶好の観光お散歩コースとなっています。

で、今回ご紹介するのは、その寺院の一つ、『浄安寺』という浄土宗のお寺の山門。一見、どこにでもありそうな山門ですが、柱の下部に目をやると、なんだか苦しそうな形相で柱を支えている邪鬼の石像が、左右にそれぞれ一体ずつ、対で彫られています。一方が口を開き、一方が口を結ぶ様はさながら阿吽の仁王像と同じですが、重さに耐える表情がどこかユーモラスで、いつまでも見飽きることがありません。

いろいろ調べてみると、京都の東寺や奈良の法隆寺の五重塔など、有名な寺院の建物の内部でも邪鬼(天の邪鬼)が建物を支えているそうで、物事に反発するという邪鬼の性格から、その習性を利用し、建物を丈夫に支えるように、との宮大工の願いが込められているのだとか。

こんな遊び心に溢れた仕掛けがあるから仏教美術・仏教建築は侮れません。

ちなみに『浄安寺』は老舗料亭『つば甚』の真向かい。近くを通る際は、雨の日も、風の日も、はたまた、雪の日も、嵐の日も、二体の邪鬼が懸命に柱を支える姿を思い出し、機会があれば足を運んでみてください。不思議に気持ちが柔らいで、「俺もがんばろ」って思えますよ。

浄安寺 金沢市寺町5-5-18

25人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

バックナンバー



ページの最上部へ