金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

編集者別

愛山

by 愛山
月刊Clubism・月刊金澤マネージャー。おもしろくて、たのしくて、なんだかワクワクしちゃう、そんなメディアを作りたいと思っている、金沢在住の編集者。

タイととちゃん!

2014年7月24日(木)

北陸の梅雨明けもいよいよ秒読み。夏といえば「かき氷」ですが、行列が絶えることのない、もはや金沢の夏の風物詩となっているのが、今回ご紹介する「松永松味堂」さんのかき氷です。

何といっても、子供たちが100円玉を握りしめ、自転車を走らせてやってくるような店構えがすてき! キャンディーズに、トシちゃん、聖子ちゃんの色褪せたポスターが貼られた店内は、昔懐かしい駄菓子屋さんの雰囲気そのまま。なんでも、和菓子屋として昭和7年に創業した後、かき氷は昭和12年から提供していらっしゃるそうで、それだけで、地元の人たちにどれだけ大切に愛されてきたお店なのかがわかります。

肝心のかき氷ですが、見た目はいたってシンプル。味付けも、イチゴ、メロン、レモン、みぞれ、金時、抹茶とオーソドックスそのもの。それでも一度食べると忘れられない味となるのは、あうんの呼吸で手作りする、おじいちゃんとおばあちゃんの仕事が実直であるからこそ。純度の高そうな大きな氷を、昔ながらの削氷機にセットし、一つひとつ丁寧に手作りする様は、見飽きることがありません。1000円近くするかき氷も珍しくない昨今、1個110円~という良心的な値段が、なんだか申し訳なくなるほどの完成度、そして、エンターテインメント性の高さなのです。

そして、この店に行ったら、ぜひ味わっていただきたいのが「タイとと」(別名「氷の落雁」)と呼ばれる氷菓子。魚のかたちをした木型に氷を詰め、固めて抜いてシロップをかけたアイスキャンディーのようなもので、現在ではここでしか食べることができません。こちらは1個100円。店先の駐車場に並べられたイスに座って、氷が溶けてしまわないうちに頬張るのが「タイとと」の醍醐味です。

「松永松味堂」さんですが、場所は森山小学校の向かい。平日は午前11時~午後9時30分(すごい!)、日曜は~午後9時までの営業。かき氷は9月末までの販売です。

30人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

バックナンバー

青電車

お隣りの富山県や福井県では今も活躍していますが、金沢市内にもかつて路面電車が走っていたことをご存知でしょうか? 車体が青かったので、通称「青(続きを読む

2014年7月3日(木) | by 愛山

レコードのジャングル

街歩きの個人的な楽しみは、何といっても、古本&レコード屋さん巡り。いずれも、店主の嗜好がその品揃え、レイアウトに表われていて、地域によってな(続きを読む

2014年6月12日(木) | by 愛山

加賀のダ・ヴィンチ

大野弁吉を知っていますか? 歴史の表舞台に出てこないので、あまり知られていませんが、石川に縁のある幕末の天才発明家です。 なんでもこの(続きを読む

2014年5月20日(火) | by 愛山

群青

県外の方には想像もできないかもしれませんが、金沢で高貴な間の壁の色といえばなんと「青」。それもかなり色鮮やかな「群青色」のことを指します。な(続きを読む

2014年4月24日(木) | by 愛山

月刊 金澤

とっておきのテーマ一覧

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和