金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

編集者別

愛山

by 愛山
月刊Clubism・月刊金澤マネージャー。おもしろくて、たのしくて、なんだかワクワクしちゃう、そんなメディアを作りたいと思っている、金沢在住の編集者。

散歩のすすめ

2014年9月4日(木)

面白いものを見つけるなら街を歩くに限ります。車を走らせるだけでは気付かないことや見逃してしまうものが、目線をぐっと下げてゆっくり歩くだけで、目に飛び込んでくるからです。

ある日、新竪町通りをぶらぶら歩いていると、突然目に飛び込んできたのが、壁一面の棚に並べられた佐藤製薬のマスコットキャラクター「サトちゃん」。驚きとともに、好奇心がむくむくわいて、思わず足を止め、お店に入っていろいろお話を伺いました。

お店の名前は『小西新薬堂』。現在の店主・馬場澄江さんで4代目という歴史ある薬屋さん。店舗は100年以上も前に建てられたもので、お店に飾られた「サトちゃん」は、佐藤製薬のファンでもあった先代のおばあさまが大切に保存されていたもの。中には佐藤製薬の本社にない希少な品もあるんだとか。サトちゃんは今年で55歳。1959年生まれのキャラクターであるだけに、人形ひとつ一つに時代の移り変わりが窺い知れ、店内はさながら資料館のようになっています。

飾り始めたのは2年程前。今ではすっかり有名になり、全国からファンが訪れる知る人ぞ知るスポットになっているそうです。

あんまり夢中に質問してしまったので「薬も買わないのに根掘り葉掘りお話を伺ってスイマセン」とお伝えすると、馬場さんは「大丈夫ですよ。薬局だからというより、生まれ育ったこの新竪町商店街が好きで、少しでもこの街の活性化に役立てばと思って飾っているんです。人形を飾ることで、いろんな方とお話しすることができて、とても楽しい毎日なんですよ」と答えてくださいました。

地元の方には今さら説明するまでもありませんが、新竪町は、おしゃれなセレクトショップや雑貨屋さん、ギャラリーやカフェと一緒に、八百屋さんや魚屋さん、薬屋さんが並ぶ、暮らしが息づく雰囲気漂う商店街。ゆったりした時間が流れているだけに、たまにはゆっくり、いろんなものを見て、触れて、ぶらぶら歩きながら楽しむことをおすすめします。

小西新薬堂 http://www.satosatoko.com/
新竪町商店街 http://shop-kanazawa.jp/mall.php?mll=15

38人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

バックナンバー

トマトあり〼

金沢に、毎日「世界一おいしいトマトさん☆」と声をかけながら、トマトを栽培している方がいることを知ったのはつい最近のことです。 竹又町に(続きを読む

2014年8月14日(木) | by 愛山

タイととちゃん!

北陸の梅雨明けもいよいよ秒読み。夏といえば「かき氷」ですが、行列が絶えることのない、もはや金沢の夏の風物詩となっているのが、今回ご紹介する「(続きを読む

2014年7月24日(木) | by 愛山

青電車

お隣りの富山県や福井県では今も活躍していますが、金沢市内にもかつて路面電車が走っていたことをご存知でしょうか? 車体が青かったので、通称「青(続きを読む

2014年7月3日(木) | by 愛山

レコードのジャングル

街歩きの個人的な楽しみは、何といっても、古本&レコード屋さん巡り。いずれも、店主の嗜好がその品揃え、レイアウトに表われていて、地域によってな(続きを読む

2014年6月12日(木) | by 愛山

加賀のダ・ヴィンチ

大野弁吉を知っていますか? 歴史の表舞台に出てこないので、あまり知られていませんが、石川に縁のある幕末の天才発明家です。 なんでもこの(続きを読む

2014年5月20日(火) | by 愛山

群青

県外の方には想像もできないかもしれませんが、金沢で高貴な間の壁の色といえばなんと「青」。それもかなり色鮮やかな「群青色」のことを指します。な(続きを読む

2014年4月24日(木) | by 愛山

月刊 金澤

とっておきのテーマ一覧

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和