地元編集者のとっておき情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

編集者別

和装が似合う街で着物を楽しむ

2017年3月9日(木)

今回は、最近金沢でよくお目にかかる、着物について取材してきました。
冒頭は兼六園下にある、金沢の着物レンタル『花恋(かれん)』さんから写真をお借りしました。観光の人たちの中でも着物をレンタルされている皆さんは、共通していい笑顔をされています。私自身、金沢の観光地を訪れたとき、着物を着た人を見かけると、華やかで楽しくなると感じています。

『花恋』さんには県外の人を中心に着物レンタルのお客さんが連日訪れています。
取材をした3月は卒業シーズンとあって、卒業旅行で金沢に訪れる学生さんも多いとのこと。『金沢日和』では旅のスポットや見所を紹介しているのですが、同じ兼六園や茶屋街の見どころを楽しむとしても、着物を着て散策することで、より金沢旅行が楽しめるのではないでしょうか。

こちらも『花恋』さんにお借りした写真です。カップルの方も利用されていますね。
karen04
写真映えすることもそうですが、普段の生活では体験しない、美しい思い出になることでしょう。

人気の着物は? お店の人に聞いてみました
お店の人にどんな着物が人気かをたずねてみました。ブランドものや、梅柄などの大きな花の柄などが人気のようです。もちろん、華やかなものよりも落ち着いた柄もその人の好みで選べるように、店内には多くの着物が展示されていました。中には、和と洋をうまく組み合わせてファッショナブルに着こなす人も。
写真を見ていただくとわかりますが、洋服にはないような色柄に目がいきます。ふだん、洋服で思い切った柄を全身にまとうのは勇気が必要ですが、和服だと違和感なく映えるので不思議です。
karen2
レンタル着物を利用される人たちは、友人のグループやカップルが多いように思いますが、家族旅行や社員旅行で利用されるという人もあるそうです。
また、国内の旅行者なら散策として使われるレンタル着物ですが、海外からの利用者は時間が限られているためか、着物を着て写真を撮ったら満足という人も多いそうです。
それぞれの楽しみ方があるようですね。

SNS映えする着物
女の人ばかりでなく、男の人も抵抗なく着物を楽しむ姿もみられます。そこで、実際にお店を利用された人たちに、インタビューしてみました。

質問:どうして金沢で着物を着ようと思われたのですか?
「SNSで見て金沢の着物がかわいいと思って」(東京と岡山から来られた女性2人組)
「インスタ(Instagram)で着物を着ている人を見て」(東京から友人と来られた女性2人組)
ひがし茶屋街の落ち着いた街並に合うのはやはり着物だろうと思って」(仙台から来られた男子学生たち)

「着物は成人式くらいしか着たことがない」という声も聞きました。
ふだんは洋服しか着る機会がなくても、若い人たちが着物に関心が高いことに日本の良さを感じました。
そして、古い街並みが残る金沢は「着物が似合う」と思われている人が多いようです。
金沢への旅には、「着物を楽しむ」計画をしてはいかがでしょうか。

取材協力・写真提供/花恋
石川県金沢市兼六町2-13 2階
TEL&FAX:076-204-9414
営/9:00〜18:00(予約優先)
休/不定休
http://www.kimono-karen.jp/

1人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

バックナンバー



ページの最上部へ