地元編集者のとっておき情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

編集者別

若林

by 若林
月刊金澤編集長。海外のミステリ小説と1940~50年代のハリウッド映画を愛する編集者。

用水めぐり 「大野庄用水」の巻

2016年11月29日(火)

大野庄用水は、おそらく最も広く(金沢市民以外にも)知られた用水でしょう。名前を聞いてピンとこない人でも、武家屋敷跡の土塀沿いに流れている用水といえば、「ああ、あれね」となるはず。

その完成年は不明ですが、今から400年ほど前に開削されたといわれており、金沢最古の用水ということになります。金沢城築城の際には木材など(御荷)を宮腰港(現在の金石)を経て木曳川でひき上げ、大野庄用水を通って運んで、最後は木倉町で荷揚げをし、藩の材木蔵に貯えたそうです。御荷(おに)を運搬したということで大野庄用水は「御荷川」、あるいは語呂合わせからか「鬼川」とも呼ばれました。水の流れは武家屋敷内に引き込まれ、庭園の曲水に利用される例もあります。

また、武家屋敷跡のほど近く、片町スクランブルから大通りを元車方面に進んですぐ右手にある真言宗の寺院「養智院」は、大野庄用水の守護神。上流で川に落ちた子供もここで必ず助かるなど、いくつかの伝説が残っているようです。

というように、大野庄用水といえば長町近辺の風景と重ね合わせるのが普通ですが、天邪鬼な身としては、武家屋敷とコラボし、美しく整備された観光チックな姿よりも、例えば金沢駅近辺の中橋高架下あたりの生活感漂う風景が好きだったりします。

写真(長町武家屋敷跡)提供=金沢市

1人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

バックナンバー



ページの最上部へ