地元編集者のとっておき情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

編集者別

若林

by 若林
月刊金澤編集長。海外のミステリ小説と1940~50年代のハリウッド映画を愛する編集者。

用水めぐり 「辰巳用水」の巻

2016年12月20日(火)

今回は「辰巳用水」。東京の玉川上水、静岡の箱根用水、長野の五郎兵衛新田用水と並ぶ、日本四大用水のひとつだとか。

全長は12キロ。約4キロの隧道と8キロほどの開渠からなり、近江町用水、高岡町の排水路区間を含めると全行程16キロを超える、極めて大規模な用水。今回は、大桑の大道割から錦町まで、約2キロにわたって整備された「辰巳用水遊歩道」にご案内します。

遊歩道の両側は、その半分ほどを緑地が占めています。豊かで貴重な生態系が保たれ、植物に目を向けると、例えばオニグルミが目にとまり、ヤブツバキ(ちょうど開花しています)の変種も多く見られます。モウソウチクが何か所かに分かれて群生し、4月ごろならタケノコが顔をのぞかせているところ。ほか、ケヤキ、クワ、ヤマザクラ、ネムノキ、アベマキ、ススキ、オオバコ、ハギなども見られます。

春から夏にかけてであれば、小鳥の声がにぎやかなことでしょう。「チチッ、ピーチュピッピー」と聞こえればホオジロ。「ツッピーツッピー、ツーツー」ならシジュウカラ。「キュリキュリ」とか「ギャーギャー」といった少々耳障りな声であればムクドリか。季節が秋に移れば虫の声がそれらに代わります。

加えて、涼やかな水の流れが耳に心地いい(今の季節にはちと寒々しいのが残念)・・・。いずれにしろ、それら(葉っぱのざわめき、鳥や虫のさえずり、水の音)は歩く速度でしか聞こえてこないものです。

春が来たら(気が早いですが)、ぜひ一度、この遊歩道を歩いてみてください。

(撮影/今寺 学 ※夏ごろに撮影)

2人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

バックナンバー



ページの最上部へ