金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

編集者別

若林

by 若林
月刊金澤編集長。海外のミステリ小説と1940~50年代のハリウッド映画を愛する編集者。

いつか見た、塚。

2017年7月11日(火)

金沢市西部に位置する二塚地区。ここにはその名が示す通り、二つの塚(古墳)があります。

「おまる塚」と「びわ塚」。

どちらも平野部につくられた円墳で、考古学的な見地からも貴重な遺構だとのことです。

仁徳天皇陵(今では「大仙陵古墳」と呼ぶのが一般的だとか)に歴史のロマンを感じ、以来、歴史好きになった身としては金沢の古墳は押さえておかなくては・・・ということで、さっそく、訪ねてまいりました。

住所でいうと北塚町(おまる塚)と南塚町(びわ塚)。前者の方が後者より一回りほど大きく、互いに歩いて行ける距離にあります。すぐ近くには西部緑地公園があり、ちょっとした散策も楽しめます。今回は「おまる塚」の写真を載せておきますね(もっと良い写真で見たいという方は、7月20日発売の弊社発行『月刊金澤』に記事を載せておりますので、そちらをご覧ください。プロのカメラマンが撮影してくれました)。

四年ほど前から「古墳ブーム」がふつふつとわきおこり、しかも、とりわけ女性の間で古墳が人気のようです。彼女たちは文字通り「古墳」に「コーフン」しているわけで、なんと「古墳にコーフン協会」なるものも存在します。同じく弊社が発行している『月刊Clubism(2016年10月号/バックナンバーです)』に詳しく紹介されていましたので、興味ある方はそちらもどうぞ。

2人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

バックナンバー

野外《石垣》美術館

石垣が割に好きです。石垣、石積み、石塁・・・。呼び方は何だっていいのですが、石を積み上げて造られた壁や塀・柵の類が好きみたいです。 金(続きを読む

2017年6月15日(木) | by 若林

町歩きの途中 「水溜町」

まずは写真を――。 いったいどこだと思います? どこか森の奥で見捨てられたお屋敷のなれの果て・・・そんなふうにも見えなくありませんが((続きを読む

2017年5月25日(木) | by 若林

咲いた、咲いた。

週末に「となみチューリップフェア」に行ってきました。 このイベントには過去に何度か足を運んだことがありますが、随分と規模が大きくなって(続きを読む

2017年5月2日(火) | by 若林

町歩きの楽しみ

町歩きが好きで、クルマ社会の金沢にあっても、気になる風景に出遭ったら、可能な限り(可能な場所に)クルマをとめて、しばし見知らぬ町での漂泊を楽(続きを読む

2017年4月13日(木) | by 若林

金沢の桜

比較的おだやかだった冬も終わりを迎え、金沢は、さらにおだやかさを増し、春への衣替えを急いでいるところです。 いまは梅が見ごろのようですが、す(続きを読む

2017年3月21日(火) | by 若林

鈴木清順監督と湯涌温泉

先日、映画監督の鈴木清順さんが亡くなりました。 清順監督は、かつて金沢(ほか、石川県内)で『夢二』という作品を撮っています。 この作品(続きを読む

2017年2月28日(火) | by 若林

雪の金沢2

このところ比較的あたたかな日が続いていましたが、昨夜は少し冷え込み、朝、窓外の様子をうかがうと、屋根や田んぼにうっすらと雪の覆いがかかってい(続きを読む

2017年2月7日(火) | by 若林

雪の金沢

いつくるか、いつくるか、と覚悟を決めつつ待ち構えていた本格的な雪が、ついに金沢の街を白く染め上げました。 平野部でも30センチ――といった予(続きを読む

2017年1月17日(火) | by 若林

用水めぐり 「辰巳用水」の巻

今回は「辰巳用水」。東京の玉川上水、静岡の箱根用水、長野の五郎兵衛新田用水と並ぶ、日本四大用水のひとつだとか。 全長は12キロ。約4キ(続きを読む

2016年12月20日(火) | by 若林

月刊 金澤

とっておきのテーマ一覧

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

とっておき金澤
北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
Clubism会社見学Clubism会社見学
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和