金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

編集者別

若林

by 若林
月刊金澤編集長。海外のミステリ小説と1940~50年代のハリウッド映画を愛する編集者。

用水めぐり 「大野庄用水」の巻

2016年11月29日(火)

大野庄用水は、おそらく最も広く(金沢市民以外にも)知られた用水でしょう。名前を聞いてピンとこない人でも、武家屋敷跡の土塀沿いに流れている用水といえば、「ああ、あれね」となるはず。

その完成年は不明ですが、今から400年ほど前に開削されたといわれており、金沢最古の用水ということになります。金沢城築城の際には木材など(御荷)を宮腰港(現在の金石)を経て木曳川でひき上げ、大野庄用水を通って運んで、最後は木倉町で荷揚げをし、藩の材木蔵に貯えたそうです。御荷(おに)を運搬したということで大野庄用水は「御荷川」、あるいは語呂合わせからか「鬼川」とも呼ばれました。水の流れは武家屋敷内に引き込まれ、庭園の曲水に利用される例もあります。

また、武家屋敷跡のほど近く、片町スクランブルから大通りを元車方面に進んですぐ右手にある真言宗の寺院「養智院」は、大野庄用水の守護神。上流で川に落ちた子供もここで必ず助かるなど、いくつかの伝説が残っているようです。

というように、大野庄用水といえば長町近辺の風景と重ね合わせるのが普通ですが、天邪鬼な身としては、武家屋敷とコラボし、美しく整備された観光チックな姿よりも、例えば金沢駅近辺の中橋高架下あたりの生活感漂う風景が好きだったりします。

写真(長町武家屋敷跡)提供=金沢市

バックナンバー

用水めぐり 「鞍月用水」の巻

鞍月用水は、犀川に架かる上菊橋の上流右岸、住所でいうと城南2丁目地点で取水。 そこからなんだかんだあって(そのなんだかんだにも見どころはある(続きを読む

2016年11月8日(火) | by 若林

金沢は水に愛された街です。

水が都市景観の形成に大きな役割を果たす街を「水の都」と呼びます。 世界一の地下水都市・熊本市や岩手県平泉町、大阪市や愛媛県西条市、福岡県柳川(続きを読む

2016年10月11日(火) | by 若林

シリーズ金沢の坂 その13「蛤(はまぐり)坂」

当シリーズは一ダース(12本の坂道)で一区切りをつけるつもりでいたのですが、惰性といいますか、おまけといいますか、所謂「パン屋の一ダース」と(続きを読む

2016年9月15日(木) | by 若林

シリーズ金沢の坂 その12「石伐坂(W坂)」

今回は、市内にある坂の中でも知名度では一、二を争う「石伐(いしきり)坂」を。 「?」と思う方もいらっしゃるかもしれない。 なるほど、(続きを読む

2016年8月25日(木) | by 若林

シリーズ金沢の坂 その11「鶴間坂」

以前、自分が担当している雑誌『金澤』で坂道の特集をしたことがあって、その際に金沢市内の坂を手当たり次第に歩いた。歩きすぎて膝が痛くなり、しば(続きを読む

2016年8月2日(火) | by 若林

シリーズ金沢の坂 その10「観音坂(男坂)」

当シリーズの「その5」で紹介した「女坂」同様、坂上の観音院に続く坂道。 観音坂――というと、普通、金沢ではこちらの「男坂」を指すことが一般的(続きを読む

2016年7月12日(火) | by 若林

シリーズ金沢の坂 その9「八坂(はっさか)」

今回は兼六園の南東、小立野口近くに下り口のある「八坂」。 かつてこのあたりに樵(きこり)が使う8つの坂があったことから、この名がついたとのこ(続きを読む

2016年6月21日(火) | by 若林

シリーズ金沢の坂 その8「長良坂」

「長良坂」は寺町台地を犀川に向けて下る坂。 料亭「金茶寮」の横手から下菊橋左岸を結び、かつて寺町台の住民が犀川で洗濯(!)する際に使った生活(続きを読む

2016年5月31日(火) | by 若林

シリーズ金沢の坂 その7「大瀧坂」

錦町の交差点近く、「辰巳用水遊歩道」の終点(起点?)を少し南に進んだ先に、南西に向かって下る石段がある。 これが「大瀧坂」。 碑(続きを読む

2016年5月10日(火) | by 若林

月刊 金澤

とっておきのテーマ一覧

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

とっておき金澤
北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
Clubism会社見学Clubism会社見学
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和