地元編集者のとっておき情報/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

編集者別

若林

by 若林
月刊金澤編集長。海外のミステリ小説と1940~50年代のハリウッド映画を愛する編集者。

「赤門」といえば東京大学。では「白門」といえば?

2015年8月27日(木)

東京大学本郷キャンパスの「赤門」は、徳川11代将軍家斉(いえなり)の娘・溶姫(やすひめ/ようひめ)が加賀藩13代藩主前田斉泰(なりやす)に嫁ぐ際、加賀藩江戸上屋敷に建てられた門である。

赤門は正式には「御守殿門」と呼ぶ。御守殿とは三位以上の大名に嫁いだ徳川将軍家の娘の敬称、またはその居住する御殿を指し、屋敷の表門の黒門に対し、御守殿側に構えた門は朱(丹)塗りとしたために赤門と呼ばれた。焼失しても再建不可だったことから、東大の赤門は現存する唯一のものになっているそうだ。

かつて金沢大学は金沢城内にあった。世界でも2例しかない「お城の大学」だったのである(もうひとつはドイツのハイデルベルク大学)。 昔はこの「お城の大学」に通いたいがために金沢大学を受験した学生も多かったと聞く。

当時、大学の正門は「石川門」で、これは壁の白さが際立つことから通称「白門」ともいう。東大の赤門に対して、金大の白門。 前田つながりで紅白の門が揃ったことになる。

赤門、白門(石川門)、どちらも国の重要文化財である。(写真「石川門」/協力=金沢市)

※ちなみに中央大学も別名「白門」と呼ばれるそうだ。理由は調べてみたがよくわかりませんでした。ご存知の方がいらっしゃれば、ご教授ください。

8人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

バックナンバー



ページの最上部へ