金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

編集者別

若林

by 若林
月刊金澤編集長。海外のミステリ小説と1940~50年代のハリウッド映画を愛する編集者。

シリーズ金沢の坂 その4「嫁坂」

2016年3月1日(火)

今回は小立野台地の斜面を上る(あるいは下る)嫁坂。 名前の由来は「加賀藩初期、坂の上に住んでいた藩の重臣、篠原出羽守が娘を本庄主馬へ嫁がせるときつけた坂」と標識にあります。 高低差がかなりあるので、お嫁入りもなかなか大変だったろうなと推察されます。

坂の形状はきれいに整備された石段で、グラマラスなカーブを描いています(「S字」を描いた後、もう一回、曲がる)。 金沢でも指折りの美人坂だと、個人的には思っています。

坂を上りきったところに眺望台のような小さな休憩所がしつらえてありますが、私が最後に出かけたときは樹木の枝や葉っぱなどが邪魔で、正直、眺望はあまりよくなかったです。 ですが、坂を下りる際には視界が開け、これはなかなかのものです。

本多の森からも近いので、歩くのが好きという人は、ちょいと足をのばしてみてください。

6人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

バックナンバー

シリーズ金沢の坂 その3

金沢の茶屋街にある坂道としてつとに有名なのが「暗がり坂」。 そのすぐ傍にあり、ときとして「暗がり坂」と間違えられ、長らく無名の地位に甘んじて(続きを読む

2016年2月4日(木) | by 若林

シリーズ金沢の坂 その2

今回は「帰厚(きこう)坂」を紹介。 浅野川に架かる天神橋のたもとから卯辰山花菖蒲園の正面までを結ぶ長い坂道で、一気に上ると息が切れる。(続きを読む

2016年1月14日(木) | by 若林

坂道、という名の石段

金沢は坂道が多いことで知られています。 実際、平たんな道を探すことの方が難しいくらい、大小長短、さまざまな坂道が市内のあちこちに配され(続きを読む

2015年12月17日(木) | by 若林

金沢おでんのおいしい季節

おでんがいっそうおいしく感じられる季節になりました。 新幹線効果で地元のおでん屋さんが観光客であふれている、という噂は耳にしていましたが、出(続きを読む

2015年11月26日(木) | by 若林

旧町名復活は金沢が初。

「旧町名の復活」は、もう流行らなくなってしまったのでしょうか? 最近、ほとんど耳にしなくなりました。 それはともかく、高度経済成長期に(続きを読む

2015年10月29日(木) | by 若林

秋の金沢

金沢にも秋がやってきました。 このところは雨もなく、とても過ごしやすい日が続いています。 弊社近くの金沢南総合運動公園のバラ園は見頃の真っ最(続きを読む

2015年10月8日(木) | by 若林

結ぶのか、切るのか。

金沢市の繁華街・香林坊の裏手(鞍月用水沿い)に、京都の貴船神社の末社、貴船明神がある。 用水の流れにせり出した赤松に隠れるように、ひっそりと(続きを読む

2015年9月17日(木) | by 若林

「赤門」といえば東京大学。では「白門」といえば?

東京大学本郷キャンパスの「赤門」は、徳川11代将軍家斉(いえなり)の娘・溶姫(やすひめ/ようひめ)が加賀藩13代藩主前田斉泰(なりやす)に嫁(続きを読む

2015年8月27日(木) | by 若林

謎多き徽軫灯籠

世の観光写真の多くにはベタ(というかお決まり)な構図というものがあって、われらが兼六園であれば、それは「徽軫灯籠」を右手あたりに配置した霞ヶ(続きを読む

2015年7月30日(木) | by 若林

月刊 金澤

とっておきのテーマ一覧

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和