金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

編集者別

若林

by 若林
月刊金澤編集長。海外のミステリ小説と1940~50年代のハリウッド映画を愛する編集者。

紅葉する並木道

2014年10月23日(木)

紅葉の季節です。 金沢の紅葉スポットで個人的に好きだったのは、市役所の正面から真北に向かってのびる、通称「アメリカ楓(ふう)通り」。 全長250mほどの通りに、アメリカ楓が44本植えられているそうです。 9月の下旬頃から赤く色づきはじめ、10月下旬~11月中旬あたりが最盛期となります。昨日(10月22日)、見てきましたが、けっこういい具合にグラデーションがついていました。

先に「好きだった」と過去形で書いたのは、旧県庁の跡地と旧中央公園(いしかわ四高記念公園)の整備によって、以前はアメリカ楓のトンネルのようだった並木道の景観が失われてしまったからです。そのことが良いとか悪いとかということではなく、ただ個人的にはかつてのトンネル状の、少し薄暗いくらいの並木道が好きでした。ちなみに写真にあるのは、そのかつての姿です(写真提供/金沢市)。秋が訪れるたび、うきうきと歩いた日々を思い出させてくれます。

12人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

バックナンバー

美術の小径(びじゅつのこみち)

美術の小径(写真)は「コンクリート製で傾斜角は四十度前後。二十数段ずつ三つのブロックに分かれていて、ブロックごとに踊り場がある。左右にステン(続きを読む

2014年10月2日(木) | by 若林

屋根瓦のルージュ

金沢や能登の伝統的な屋根瓦の色は「黒」。これに対し、南加賀は「赤」が多いことで知られる。とりわけ橋立や東谷地区、大聖寺の山ノ下寺院群が顕著で(続きを読む

2014年9月11日(木) | by 若林

木虫籠

木虫籠と書いて「キムスコ」または「キムシコ」と読みます。金沢の町家の特徴である格子の割付が細かい出格子を指す言葉で、インドのベンガル地方の赤(続きを読む

2014年8月21日(木) | by 若林

近江町市場の氷柱

例年、7月の半ば頃に登場し、8月いっぱいまで近江町市場内に置かれる氷柱。市場内に爽やかな涼感を届けてくれる、金沢の夏の風物詩としてすっかり定(続きを読む

2014年7月31日(木) | by 若林

見返り柳

ひがし茶屋街のメインストリートの起点で枝葉を揺らす、一本の柳の木。 遊郭と外界の境界に立つ「見返り柳」と呼ばれるもので、 帰り際、この柳の下(続きを読む

2014年7月15日(火) | by 若林

渡るべきか、戻るべきか

「思案橋」というのは全国のいろんなところにあるようです。 『思案橋ブルース』なんて歌謡曲がありましたが、あれは長崎の思案橋。 「思案」と(続きを読む

2014年6月19日(木) | by 若林

弘美じゃなくて、広見

城下町・金沢の特徴のひとつに「広見」があります。これは街路の一部が広くなっている部分――簡単に言うと、そうなります。伏兵を待機させる場所、荷(続きを読む

2014年5月27日(火) | by 若林

茶屋街で見つけた謎のマーク

金沢で最も人気のある観光スポットのひとつ、ひがし茶屋街。 そのメインストリートの起点となる広見(広場)から、検番に向かって脇道に入り、(続きを読む

2014年5月8日(木) | by 若林

月刊 金澤

とっておきのテーマ一覧

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和