観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、 座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

シリーズ金沢の坂 その7「大瀧坂」

2016年5月10日(火) | テーマ/金沢の雑学

錦町の交差点近く、「辰巳用水遊歩道」の終点(起点?)を少し南に進んだ先に、南西に向かって下る石段がある。

これが「大瀧坂」。

碑文によれば、その昔、この坂の脇には辰巳用水から台地下の田畑を潤す分水の流れが――それこそ大きな滝のように――流れ落ちていたそうで、この名がついたとある。 下りはじめてしばらくは石垣と樹木の蔭で薄暗いが、間もなく視界が開け(良い眺めです)、坂はその後、S字を描く。シンプルながら端正で、わりに好きな坂道です。

滝は姿を消してしまったけれど、坂を下りると、確かにどこからか水の流れる音が聞こえてきて……。

by 若林

その他の同じテーマ記事


Clubismオンライン クーポン

プレゼント

http://www.kanazawabiyori.com/contents/wp-content/uploads/2019/11/prettl191201-1.png

ランキング

おすすめ情報

Clubism online
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc