終着駅サミットin氷見(観光情報・イベント)/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

金沢を中心に加賀、能登をはじめ富山県・福井県の
イベント、コンサート、ライブ、展覧会情報を集めました。

『終着駅サミットin氷見』
  • このページを
    スマホ・携帯で
    表示
  • http://www.kanazawabiyori.com/shop/shopnavi.cgi?no=11240
  • バーコード読取機能付きのスマホ・携帯なら、二次元バーコードから簡単アクセス

  • LINEで送る

終着駅サミットin氷見
「”まちの顔をつくる”終着駅の役割~シビックプライドを高め、記憶をつなぐ~」をテーマに講演会やパネルディスカッションなどが行われる。選ばれるぱちづくりとは何か。北陸新幹線の金沢開業に伴う大転換時期に、終着駅の新たな役割や存在意義を見出すための内容だ。
[このイベント終了しました]
開催日◆2014年11月29日(土)
時間◆受付13:15~、基調講演13:30~
会場◆氷見市ふれあいスポーツセンター サブアリーナほか(富山県氷見市鞍川43-1)
料金◆参加費無料
定員◆500名
問い合わせ先◆終着駅サミットin氷見実行委員会事務局(観光・マーケティング課内) Tel.0766-74-8036

【内容】
■基調講演 13:30~14:10
講師/野村 浩志氏(山形鉄道代表取締役社長)
テーマ/”アイデア鉄道”フラワー長井線(山形県) ~民間公募社長が仕掛けた活性化戦略~

■ゲスト講演 14:10~14:50
講師/中井 精也氏(鉄道写真家)
テーマ/”魅力を切り取る”世界で最も美しい湾を望む氷見線の情景 ~カリスマ写真家が語る終着駅は始発駅~

■講演 14:50~15:20
講師/波床 正敏氏(大阪産業大学教授)
テーマ/”里山里海を結ぶ”城端、氷見線活性化の処方箋 ~使いやすく連携のとれたローカル鉄道を目指して~

■パネルディスカッション 15:30~16:50
パネラー/東敏明氏(JR西日本金沢支社副支社長)、栗生明氏(栗生総合計画事務所代表/氷見駅周辺整備設計者)、高橋正樹氏(高岡市長)、田中幹夫氏(南砺市長)
アドバイザー/野村浩志氏(山形鉄道代表取締役社長)、波床正敏氏(大阪産業大学教授)
コーディネーター/本川祐治郎(氷見市長)
テーマ/”まちの顔をつくる”終着駅の役割 ~シビックプライドを高め、記憶をつなぐ~
会場
氷見市ふれあいスポーツセンター サブアリーナほか(富山県氷見市鞍川43-1)
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。


現在開催中・実施中の金沢・加賀・能登・富山・福井のイベント



ページの最上部へ