いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭(観光情報・イベント)/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

イベント観光情報

金沢を中心に加賀、能登をはじめ富山県・福井県の
イベント、コンサート、ライブ、展覧会情報を集めました。

『風と緑の楽都音楽祭』
  • このページを
    スマホ・携帯で
    表示
  • http://www.kanazawabiyori.com/shop/shopnavi.cgi?no=12747
  • バーコード読取機能付きのスマホ・携帯なら、二次元バーコードから簡単アクセス

  • LINEで送る

いしかわ・金沢
風と緑の楽都音楽祭
ゴールデンウィークの一大音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ金沢」が生まれ変わり、金沢ブランドの新クラシック音楽祭「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」が2017年4月28日(金)より開催される。出演者総勢2,000人、内外の音楽家が金沢を舞台に渾身の170公演という規模だ。記念すべき第1回目のテーマは「ベートーヴェン」。全国でも過去に例を見ない試みとして、期間中に交響曲(全9曲)、ピアノ協奏曲(全5曲)、ピアノソナタ(全32曲)の全曲演奏を実施する。ユベール・スダーンをはじめとした世界的指揮者、オーケストラ・アンサンブル金沢、ベルリン・カンマーシンフォニー、トップピアニストのバリー・ダグラスなど、欧米・アジアから集結した実力派アーティストが次々に登場。すべての曲を網羅する予定だ。
さらに、今回から一層に注力するという金沢らしさを味わえる伝統芸能のプログラム。「邦楽新時代」と題し、東儀秀樹と弦楽合奏団との共演による雅楽の新しい世界の表現や、能楽師の渡邊荀之助による能舞で能楽とベートヴェンの融合などを実現する。「ラ・フォル・ジュルネ」ではできなかった金沢を感じる様々な演出に期待が高まる。
会期中は約10万人の来場が予想される音楽祭。ゴールデンウィークを彩る新しいクラシック音楽の祭典を体感してほしい。
[このイベント終了しました]
開催日◆2017年4月28日(金)~5月5日(金・祝)
会場◆石川県立音楽堂、金沢市アートホール、北國新聞赤羽ホール ほか金沢市内および北陸エリア(福井・石川・富山)各所
問い合わせ先◆いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭 実行委員会事務局(石川県立音楽堂内)Tel.076-232-8111

【チケットの販売について】
■2017年2月28日(火)より一般発売開始
■チケット販売
・音楽祭チケットカウンター(石川県立音楽堂内) 専用電話 Tel.076-232-8118(10:00~18:00)、同窓口販売 10:00~19:00
・チケットぴあ(Pコードは会場により異なる/コンサートホール:323-681、邦楽ホール:323-682、金沢市アートホール:323-683、北國新聞赤羽ホール:323-684、交流ホール:782-529)
・ローソンチケット(Lコードは会場により異なる/コンサートホール:57509、邦楽ホール:57511、金沢市アートホール:57517、北國新聞赤羽ホール:57518、交流ホール:57515)
・セブンチケット
・石川県立音楽堂ホームページ
※プログラム・出演者・会場・チケット情報は公式ホームページで確認を。
http://www.gargan.jp/
会場
石川県立音楽堂、金沢市アートホール、北國新聞赤羽ホール ほか金沢市内および北陸エリア(福井・石川・富山)各所
公式サイト
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。
ページの最上部へ